世の中は沢山のいいね!があふれてる。

100年でたった一度の幕切れ…。必死に戦いぬいたマウンドに立ちすくむ姿に感動の涙。そして二人は再開した。

2017/02/21 UPDATE
 
73,052 views
甲子園ファンならばこのシーンが記憶に残っている方もいるかもしれません。

1998年夏の2回戦 豊田大谷-宇部商戦。

延長15回の死闘は思いがけない幕切れだった。

サヨナラボーク・・・。

出典元:withnews.jp



わたしはテレビで観戦していた。

意味が解らなかった・・・。

野球ファンでもボークの判定はわかりずらい。

ましてや、この場面・・・。

ボークで試合を終わらせたピッチャー藤田君。

ボークの判定で試合を終わらせた審判の林さん。

二人ともに複雑な思いだっただろう。

必死に戦った結果だから感動がうまれる。

そのときの動画をご覧ください。


出典元:ms2ym


実はその後、二人は再開することになる。

その感動ストーリーもご覧ください。
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ