世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「人生観」が変わる。看護婦が見つけた施設で亡くなったおじいちゃんからの「一通の手紙」。

2017/02/21 UPDATE
 
11,321 views
高齢化社会と医療について興味を持ているのは世界共通です。

実際に、各国の病院や施設は高齢者で満たされています。

悲しいことに、彼らの家族の多くが、

お年寄りを施設に入れたままというのが現状です。

わたしの祖父も昨年、腰を骨折し施設に入りました。

仕事などを言い訳に会いに行くのは盆と正月・・・。

あと何度会えるか数えるほどだとわかっていても

なかなか行動に移せていないのが現実です。

会えなくなってしまったら、

大きな後悔になるのは解っているのに・・・。

人によっては、正月も盆にも面会には訪れず、

電話もかけずに高齢者を忘れているとのこと。

故に、施設に勤める職員たちは、

ひとりひとりの患者の状況を

把握することができないほど多忙なのです。

施設で暮らす高齢者たちは、

首を長くして家族からの電話を待ちわびます。



涙をこらえるほど心に深い何かを感じているのです。

Mak Filiser氏もまた、そのひとりでした。

「風変わりな老人」と呼ばれる彼が老人施設で亡くなったとき、

彼の部屋が空き部屋となり、整理しているときのことでした。

看護師のひとりがこの手紙を発見したのです。







看護婦さん、何が見えますか?

私を見るとき、あなたは何を考えていますか?

風変わりで愚かな老人。

行動も読めず遠い目で?

食べ物をこぼし何も答えもしない。

大声で「自分でしたら?」というあなた。

でも、私は気づいていない様子。

靴下や靴がいつもなくなる?

いつも抵抗し意に沿わない。

お風呂も食事もある長い一日だっていうのに?

何を考えます?何が見えますか?

目を開けて見て下さい。あなたは見てないでしょう。

私はここにじっと座って誰なのかあなたに話します。

命令を聞きながら、食べさせられながら。
 
 
 

私は10歳の小さな子ども。
父と母、兄弟と姉妹と共に愛されて育ちました。

私は16歳の少年。
足に翼が生え、将来出会う恋人を夢見ています。

新郎になる20歳の頃。
心が踊り、結婚の誓いを必死に覚えています。

25歳で子どもが生まれ、教えることを学び、楽しい家庭を守ります。

私は30歳。
子どもはすくすく成長し、夫婦の絆が固くなり、それは永遠に続かなければなりません。

40歳で若い息子は亡くなります。
しかし、私の最愛の妻がそばにいます。だから淋しくなんかない。

50歳。今度は孫が私の膝のまわりに纏わりつきます。
でも、妻と私は子どもを育てることに慣れているから大丈夫。

暗黒の日が訪れ、最愛の妻が亡くなる。

将来を考えて恐怖に怯えます。

子どもたちは孫を抱え、過ぎた年月と愛について考えます。
 
 

今の私はただの老人です。

自然とは残酷なものです。

老いていくことは自然なこと。

意地悪なことに老いたものを愚かに見せる。

体は砕け、優雅さと活力を失い、かつて心臓があった場所に石があります。

でも、この老いた体の中には青年の心が宿ります。

そして時々、私のボロボロの心臓が膨れ上がります。

私は喜び、痛みを覚えています。

愛することと生きることを再び体験します。

私は人生を振り返ると、あまりに早くて短くて、、、

永遠が無いという厳しい事実を受け入れなければなりません。

だから、あなたたちは目を見開き見て下さい!

I’ll tell you who I am . . . . .. As I sit here so still,


私は気難しい年寄りなんかじゃない、もっと近づいてみて---'わたし’だよ!


出典元:diply.com




亡くなった後に、

その人の気持ちを知るって寂しいことですね。

あなたの身近な人も、もっと語り合えば心を開き、

新しい関係を気付けるかもしれません。

わたしも祖父に会いたくなりました。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ