世の中は沢山のいいね!があふれてる。

女性が男性よりも生物学的に強い理由とは!!!

2017/08/08 UPDATE
 
1,371 views

女性の平均寿命は男性よりも長い。

実際、2013年発表の厚生労働省のデータを見ても、
日本における女性の平均寿命は86.41歳で、
男性は79.94歳と、約6歳分の開きがあります。

また、これはフランス、アメリカ、
イタリア、韓国などでも同様のようです。

一般的に、男性のほうが体格が良く筋肉もあって、
体力面では勝っているはずです。

どうして女性のほうが長生きするのでしょうか?

それは生物学的にみて、男性より女性のほうが
生命力が強いと言えるからではないでしょうか。

その理由を、生物学が専門の早稲田大学
人間科学部教授の山内兄人先生が公開し
話題になっているので紹介します。

女性は男性よりも血管が太い

女性の身体に多く分泌される女性ホルモン
『エストロゲン』には、血管をより良く
維持する効果があります。

実は、長生きをするためには身体の
『血管』が丈夫であることが重要です。

その理由は、身体的な若さを保つためには、
栄養や酸素を血液に乗せて全身の細胞に行き渡らせる
『血管の力』がなければいけないですからです。

また、エストロゲンには動脈硬化の原因となる
血液中のコレステロール値を低下させる作用もあります。

動脈硬化が防げれば心筋梗塞にもなりにくいので、
女性の心筋梗塞の発生率は男性よりも4~5倍低いです。

女性は男性よりも遺伝子的な病気に強い

遺伝子の仕組みを見ると、女性の性染色体は『XX』、
男性は『XY』という組み合わせになっています。

この中の『X』には病気から身体を守る
『免疫機能』に関わる遺伝子の情報が
含まれています。

Xを二つ持っている女性は、
Xのどちらかに病気の遺伝子があっても、
もう一つの病気がない方のXが優位に働くため、
遺伝的な病気にはなりにくくなります。

でも、Xを一つしか持っていない男性は、
そのXに病気の遺伝子があると、
そのまま病気になってしまう可能性が高いんです。

女性は男性よりも環境の変化に強い

生物学には、実験用のラットを四角い箱に入れて
行動を観察する実験があります。

すると、オスは箱の中をグルグル回って
やがて真ん中の方に落ち着きます。

これは、その場所が自分のテリトリーとして
安全かどうかを慎重に観察しているんです。

しかも、オスは初めての場所に入れると、
緊張のせいでたくさん糞をします。

一方、メスは初めての場所に入れても、
自由に動き回り、糞をすることもあまりありません。

つまり、テリトリーを守る本能があるオスは、
緊張しやすく恐がりな傾向にあり、
メスは大胆に行動できる傾向にあるんです。

これは人間にも言えることだと思います。

 

まとめ

女性が男性よりも強い理由は、

・血管が強い
・栄養や酸素が全身に行き渡る
・心筋梗塞になりにくい
・遺伝的な病気に強い(Xが2つ)
・環境の変化に強い

にあるようです。

女性は子どもを産むときに、10ヶ月間も
自分のお腹の中で子どもを育てるという
とても大変なことに耐えられる身体的、精神的な力が
生まれながらに備わっているのかもしれまません。

出産の痛み、育児の大変さは
男性には耐えがたいものでしょう。

だからといって、
女性に負担をかけていいわけではありません。
男性のと得意なこと、女性の得意なことを
バランスよく分担することが大切なことだと思います。

出典: hitomebo



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ