世の中は沢山のいいね!があふれてる。

日本人だけが持つ外国人にない5つ優れた体質とは!!!

2017/08/02 UPDATE
 
4,165 views

日本人だけが持つ5つの特殊能力

1.腸内細菌が日本人を世界一長寿にする

日本人は、世界保健機構(WHO)の調査で
20年以上も世界一の長寿国です。

これほどに日本人が長寿である秘訣は、
日本人の腸内細菌に秘密がありました!!!

日本人の腸内細菌にはビフィズス菌が多いため、
炭水化物やアミノ酸の分解や吸収能力に長けています。

この腸内細菌によって日本人は海苔を消化できますが、
外国人は焼き海苔は消化できてても、
生海苔は消化できないそうです。

2.味噌汁の成分が、がんの死亡率を下げる

味噌汁は日本人が発明した食べ物です。

味噌汁を飲む回数が多い人は、
がんでの死亡率が低いそうです。

これは、味噌汁に含まれる
メラノイジンとゲニステインいう物質が原因です。

メラノイジンは細胞の癌化を抑制してくれ、
ゲニステインという物質は、癌の進行を
止める効果があるそうです。

長崎に原爆が投下されたとき、
医師の秋月辰一郎さんは患者や職員たちに
味噌をたくさん食べさせました。

その味噌を食べた人は、
誰1人として原爆症を発症しなかった
というデータも残されています。

3.緑茶が認知症発症の確率を下げる

日本の緑茶を1日2杯ほど飲むことで、
認知症発症の確率を65%下げてくれるそうです。

また、
心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患では
緑茶を摂取する量が多くなるほど
危険度が有意に低下したそうです。

4.多湿な気候が長距離走に強くする

日本という国は多湿のため、
日本人は発汗機能が発達しています。

そのため、長い距離を走っても
体温上昇を抑えることに有利なのだそうです。

また、外国人に比べて日本人は小柄で
足が短いためにピッチ走法という小股になります。

これによって、
足への負担も少なくなるので、
有利なのだそうです。

5.日本食がもたらす脅威的な威力

明治初期に東京大学医学部のベルツ博士は、
日光まで110kmの旅をしたそうです。

そのとき、
馬を6回乗り換えて14時間かけて到着。

同じ頃に体重54kgの日本人が人力車に乗って、
それを1人の車夫が同じ距離を
14時間半で到着したそうです。

これに驚いた博士は、
ドイツの最高栄養学だとされる
肉を食べさせたらもっとすごいことになるのでは!
と思い立ち、車夫に食べさせてみたそうです。

すると、
肉の効果はまったくなく、
むしろその逆で、体力が落ちてしまったというのです。

さらに同じように
日本食のみを与えてスクワットをさせると、
1800回達成できたのに対して、
肉を与えると300回で根をあげてしまったそうです。

出典: writerzlab.com

味噌汁や、緑茶など、
日本古来の食べ物が持つ力って
素晴らしいですね!!!

たしかに、
外食もおいしいかもしれませんが
日本食をもっと見直すべきかもしれませんね。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ