世の中は沢山のいいね!があふれてる。

長嶋茂雄さんは誰よりも練習の虫だった!ミスターの六大学時代のエピソード!

2017/02/21 UPDATE
 
2,664 views


牧師さんはこう言いました。

記録なんてどうだっていいじゃないか。

いつもの君らしく大暴れしてこいよ。

それでいいじゃないか。


これで長嶋さんの気持はスーーーっと楽になったそうです。

そして迎えた最後の試合です。

第一打席は、サードゴロで凡打でした。

このとき長嶋さんの耳にスタンドからの少年の声が聞こえたそうです。

長嶋なんてつまんないや。

長嶋はいつも楽しそうにかっ飛ばすから好きだったのに。


長嶋さん、その声にも目から1枚うろこが落ちたそうです。

そうだ、そうなんだ。

俺は野球を楽しむことを忘れてたんだ。

7号ホームランを打ってから、なんと88打席目だったそうです。

長嶋さん、バットケースから他の選手のバットを引っこ抜き、打席に入りました。

もう誰のバットとか、道具を選ぶとか、そんなこと関係ない世界に入ってたのでしょう。

長嶋さん、得意のフルスイングでボールを捕らえました。

ボールは美しい弧を描き、レフトスタンドに吸い込まれて行きました。

画像元:blog.livedoor.jp


六大学野球、ホームラン新記録達成の瞬間でした!



最後の最後にメイクドラマをやりあげるところは、さすが長嶋さんですね~!(^^)!

参考本:明日が見えないときキミに力をくれる言葉




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ