世の中は沢山のいいね!があふれてる。

レゲエの神様と称される”ボブ・マーリー”の女性の愛し方が深い

2017/02/21 UPDATE
 
12,347 views
  • 出典元:fanblogs.jp


  • ボブ・マーリーは「レゲエの神様」「魂の反逆者」「叫ぶ平和の使者」などと称されるジャマイカのレゲエミュージシャンです。

    彼は数多くのの名言を残しています。

    その中でも「女性の愛し方」についての記事が話題になっていたので紹介します。

  • 君は彼女の最初の男でも、最後の男でも、そして唯一の男でもないかもしれない。

    彼女は繰り返し新しい恋をするんだ。

    いま彼女が君を愛してくれているのに、何が問題だって言うんだ?

    彼女は完璧じゃない、君も完璧じゃない、だからいつまで経っても二人は完璧になれないかもしれない。

    でも、彼女が君を笑わせたり、物事をよく考えるきっかけになってくれていて、君が一人の人間で間違いを犯すってことを受け入れてくれてるなら、彼女を離さず、君がしてあげられることをしよう。

    彼女は一日中君のことを考えている訳ではないかもしれないけど、大切なものを捧げてくれてる。

    君には簡単に壊されることもあると知っているはずの

    彼女の "心" を。

    だから傷つけてはいけない、彼女を変えようとしてはいけない、彼女を分析してはいけない。

    彼女が君に捧げられるもの「以上」を望んではいけない。

    素直に笑おう、彼女が君を幸せにしてくれた時には。

    伝えよう、彼女が君を怒らせてしまった時には。

    そして、寂しいということを忘れるな。

    彼女が "そこに" いなければ。


  • (原文はこちら)

    You may not be her first, her last, or her only. She loved before she may love again. But if she loves you now, what else matters? She’s not perfect - you aren’t either, and the two of you may never be perfect together but if she can make you laugh, cause you to think twice, and admit to being human and making mistakes, hold onto her and give her the most you can. She may not be thinking about you every second of the day, but she will give you a part of her that she knows you can break - her heart. So don’t hurt her, don’t change her, don’t analyze and don’t expect more than she can give. Smile when she makes you happy, let her know when she makes you mad, and miss her when she’s not there.


  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    心から共感し感動しました!



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード