世の中は沢山のいいね!があふれてる。

いつも”ウザい”と思っていた父からの「頑張れ」。そのおもいを娘が理解したとき涙が溢れ出す…。 

2017/02/21 UPDATE
 
15,164 views

「頑張れよ」


 
人を応援するときによく使われる言葉。

その中にはいろんなおもいがつまっている。

受け止める側からすると、その言葉は重荷となることもある。

いつも「頑張れよ」。

この一言ですべてを終わらせている。

娘は自分の置かれている立場を理解して自分なりにはがんばっている。

「そんなに応援しないでよ・・・」

だから「頑張れ」が安易に聞こえ耳障りとなる。



「『頑張れ』ばっか、ウザいよ」



でも時が経ち、その気持ちの裏に隠された愛情に気づいたとき心の底から涙が溢れる。

それではご覧ください。



「将来の夢はなんですか?」

「お医者さんになって、みんなの病気をなくすの」

ホームビデオに残っていた、娘の将来の夢。

それをひとり懐かしく見つめる父。

『頑張れ』は娘を応援したい気持ちがあふれ出てしまった、父の口癖。

父の最高の応援の言葉=頑張れ


その気持ちが伝わったとき心から、

「おとうさん、ありがとう」


 
 
ずっと応援していたら、必ずその気持ちは伝わりますよね。

「頑張れ」っていい言葉ですね。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード