世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”セリーヌ・ディオン”の子どもたちへの「父の死」の伝え方に感動。

2018/02/05 UPDATE
 
78,669 views
  • 長年、がんと闘ってきたセリーヌ・ディオンの夫が74歳になる誕生日の2日前に亡くなりました。

    夫”レネ・アンジェリル”は、彼女を発掘した元マネージャーです。

    セリーヌとレネの出会いは、セリーヌが12歳だったとき。

    当時38歳だったレネはセリーヌの歌声を聴くとすぐに彼女の才能を確信し、それから、二人三脚での音楽活動が始まりました。

    レネはセリーヌのデビューアルバムの制作費を捻出するために自宅を抵当にまで出し、すべてをセリーヌの成功にかけたそうです。

    そんな2人が恋愛関係に発展したのは、セリーヌが19歳の頃。

    26歳差という間柄には疑問の声もあがったそうですが、2人を止められる者は誰もいなかったと、セリーヌ自身が2013年に米Access Hollywoodに語っています。
  • 「17歳から18歳の頃、彼に対する気持ちに変化が起きたの。

    彼のことを違った目で見るようになったのよ。

    手短に言うと、(自分の母親も)こうなるって分かっていたらしいわ。

    (中略)母には選択肢がなかったしね。

    私たちの愛が勝ったのよ」
     
  • そしてセリーヌは、レネのマネージメントに支えられながら、1990年代に大ブレイク。

    セリーヌは世界的歌姫になるのですが、それほどの成功を前にしても、二人の絆は変わりませんでした。

    2人は1991年、極秘で婚約。

    3年後にはカナダで結婚式を挙げ、セリーヌが挙式で身に着けた約5キロものダイアモンドのヘッドピースは、当時大きな話題となりました。

    2人は結婚中に双子の男児に恵まれました。

    長年の不妊治療の末、2010年に体外受精で双子のネルソン君とエディ君が産まれました。
  • 何が起きても揺るがなかったセリーヌとレネの結婚生活に衝撃が走ったのが、1998年に起きたレネの食道がん宣告でした。

    この日から夫妻の長い闘病生活が始まり、セリーヌはたびたびツアーを延期するなどして、献身的にレネを看病しました。

    レネは2014年には治療に専念するためにマネージメント業から退き、セリーヌも無期限で活動を休止します。

    そんなセリーヌに復帰するよう最も求めたのは、レネ自身だったそうです。
  •  
    「レネはチャンピオンよ。

    私は生涯をかけて彼を愛してきたわ。

    うぬぼれていると思われたくないんだけど、私は彼の一番好きなシンガーなの。

    そして彼は、再びステージの上で歌う私の姿を見たがっているのよ!」
     
  • そんなレネに押され、セリーヌは2015年3月に仕事復帰。

    同時にレネとのある約束について、こう明かしました。
  •  
    「あなたは私の仕事を心配してる。

    子供の心配もしてる。

    すべてのことを心配しているわね。

    もう十分よ。

    あなたは私を信じてくれてる?

    お願いだから信じて。

    子供たちは元気よ。

    私も元気。

    約束するわ。

    みんな大丈夫だって。

    安心して眠ってちょうだい。

    あなたに心配させたくないの。」
     
  • そしてレネは2016年1月天国に旅立ちました。

    彼女は幼い双子に父親の死を説明することになります。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード