世の中は沢山のいいね!があふれてる。

ドット感が最高の初代「ドラクエ」の戦闘画面を○○だけで再現!!!

2017/02/21 UPDATE
 
3,943 views
  • ツイッターで投稿されたドラクエ30周年を記念した作品が注目されているので紹介します。

    その投稿がこちら!!!



  • なんと、
  • 綿棒
  • だけで初代「ドラゴンクエスト」の戦闘画面を再現。

    そのクオリティーが想像以上に高くて驚きます!!!




  • 綿棒の先の部分(脱脂綿)を1ドットと扱い、それを多数くっつけることで「りゅうおう(竜王)」とモノクロの文字部分を作成。

    カラーになっている竜王の綿棒は基本的にマジックと絵具で着色し、それらを木工ボンドで接着して作ったそうです。

    また文字部分は、綿棒が「黒(の綿棒)より白(の綿棒)がすこし長いので文字を浮き出させることに成功」した結果、立体的に見えるようになっています。

    使った綿棒の数はなんと1万5000本強!

    製作の中では「同じ綿棒でも大きさが微妙に違うのでまっすぐに積み上げることすら綿棒(面倒)だった」とのことです。

    ちなみに、作品の中でのステータス画面では、レベル30(30周年)、HP61(昭和61年)、MP5(5月)、G27(27日)、E1986(1986年)と、初代ドラクエの発売日が表示されていて、すべての面でドラクエへの愛を感じる作品となっています。

    30周年を迎えるドラクエ。

    このような投稿がネットで話題になるということは、やはり多くの人を魅了した証拠。

    あの頃のどきどき感が思い出されますね!!!



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード