世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”高橋尚子さん”の運命を変えた「小出監督の一言」

2017/02/21 UPDATE
 
5,210 views
2000年シドニー五輪を笑顔で爽やかに快走されゴールに飛び込んだ後、

“監督、監督!”と小出監督に抱きつく満面笑顔の高橋尚子さん(Qちゃん)の姿は、金メダル以上の感動を与えてくれました。

出典元:sports.yahoo.co.jp


その高橋さんと小出監督との感動物語の本は何冊も出版され、

私もその内の何冊かを購入し、感動と共に力も与えていただきました。

ところがなんと、2003年11月16日の東京国際女子マラソンで失速し、

翌2004年のアテネオリンピックの出場を果たす事が出来なくなった後、

2005年6月には、小出監督を離れ、某スポーツ用品メーカーと4年間の所属契約を結び、Qちゃんを中心とした「チームQ」を結成。

トレーニング等を始め、2005年11月の東京国際女子マラソンに優勝した後は、怪我に泣かされたようで、目覚しい活躍を私達に見せてくれることなく、2008年10月28日、記者会見で引退を発表されました。

今あるのは小出監督がここまで育ててくださって、オリンピックだとか世界記録を出させてくださったということは、本当に大切な方です。



そんな二人にはこんなエピソードがありました。

この一言が彼女の運命を変えたと著書で語られています。

その内容に深く共感したので紹介します。
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ