世の中は沢山のいいね!があふれてる。

母の温もりを知らず1週間木に繋がれて…ゾウに芸を仕込む最初の訓練が痛ましい…

2017/02/21 UPDATE
 
2,971 views
アジア旅行の目的の一つとして挙げられる「象乗り体験」。

ゾウの過酷な労働や虐待などが問題となり、動物愛護団体の批判を受けているにも関わらず、まだまだその環境は改善されていないようです。

ゾウに芸を仕込んだり、人を乗せるようにするための訓練とは、一体どのようなものなのでしょうか。

タイに旅行に行ったある観光客がその現場を目撃し、撮影した動画がSNSに投稿され、話題となりました。

画像引用元:facebook.com
 

この木に繋がれた小さなゾウは、これからどんな訓練を受けるのでしょうか…

通常アジアゾウは4歳くらいまで母乳で育ち、それからも生涯の大半を母親ゾウと暮らします。

しかし、このゾウは芸を仕込むために赤ちゃんの時から母親ゾウと引き離されたといいます。

そしてまず行われるのは芸を覚えさせるための初歩的な訓練。

1週間もの間短いロープで木に繋がれたままの状態で母乳も与えられず、バナナと水だけで過ごすのだそうです。

▼この動画はその時の一場面です。

THAILAND - Two weeks ago...a tourist witnessed this and had the incredible courage to video the poor little calf going...

WAR - Wildlife At Risk Internationalさんの投稿 2016年7月8日

 
この訓練が終わると、次はさらに身動きができないように紐で固定され、鞭や棒で痛みを与える訓練が行われるそうです。

生まれてすぐに母親のぬくもりから離されてしまったこの小さなゾウ。

これから芸を覚えて披露するために、一生体罰を与えられながら生きていかなければなりません。

短いロープに動きを阻まれ、戸惑いながら木の周りを延々と歩く姿に心が痛みます。

あなたはこれを見てもまだゾウに乗りたいと思いますか?

出典元:WAR - Wildlife At Risk International



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード