世の中は沢山のいいね!があふれてる。

自分が母になって気付く母への後悔と感謝。

2017/02/21 UPDATE
 
7,253 views
大人になって子どもの頃の当たり前に感謝の気持ちをいだくものです。

また、同じ境遇になったとき、何気なく返した返事に後悔することもあります。

みなさま、学生の頃、こんなやりとりはありませんでしたか?

母:今日ごはんは?

私:うーん。わかんない、多分家で食べると思うけど・・・。
 
夕方になって
 
私「ごめん、やっぱり友達と食べて帰る」


大学生のときは学校に行ってみないとわからない・・・。

それを当たり前って思ってました。

当時はこのようなやりとりに悪気なんてなく、むしろ毎日ごはんはいるかいらないかを確認してくる母に対して「面倒臭い」とか「どっちでもいい」と思うこともありました。
 

ところが、結婚し主婦になり母になって私は母に対して上記のやりとりをしてきたことに大変後悔しました。

というのも主婦になった私が最も苦痛に感じるのが「日々の献立を考えること」だったからです。

もともと料理が得意ではない私。

自分1人なら正直、納豆ご飯とかレトルトとかお弁当を買って食べる、

もしくは1食くらい食べなくてもいいかな〜なんて感じで生活していたと思います。

しかし、夫や子どもにそうするわけにはいきません。

数少ないレパートリーの中から栄養のバランスを考えて献立を組み、レシピ本や携帯を使って料理をする日々。

朝食を食べながら、昼食、夕食、翌日の朝食も考え、買い出しに必要な食材を書き出す。

本当に毎日多くの時間「ご飯はどうしよう」と考えているような気がします。

もう「生きるためにごはんを作るのか、ごはんを作るために生きているのか」なんて思ってみたり…笑
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード