世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”ふなっしー”の中の人の年収はなんと〇億円!? そのライセンス料を捧げている先は・・・。

2017/02/21 UPDATE
 
70,452 views

そんなふなっしーが、人知れず東日本大震災の被災地に支援を続けていることをご存知ですか?

実はいくつかの支援活動をしており、その活動によって現地の雇用にも貢献していることが分かりました。
 
 
その一つが、
分身ふなっしーの製作を依頼


出典元:makuake.com


東日本大震災では、多くの方が家族、住む場所、仕事…全てを失った方もいらっしゃいます。

そんなとき、ミシンでお裁縫をすることで収入を得よう、生きるために頑張っていこうという方々が立ち上がったのです。

もちろん作業をする場所、ミシンの使い方の講習など問題もたくさんありましたが、それらも多くの支援者によってクリアされて、南三陸ミシン工房はできました。

ふなっしーは多くのグッズを販売していますが、支援の一つとして「分身ふなっしー」と名付けたぬいぐるみの製作を、この工房に依頼したのです。
 
可愛らしいふなっしーのぬいぐるみ達…

これらは一つ一つ工房の皆さんがミシンで手作りして作られました。

海外の工場に依頼すれば、もっと安価で大量に作ることも可能ですが、全ては「被災地の復興支援のため」というふなっしーの思いで実現したのです。

この分身ふなっしーの売上の一部は、公益財団法人みちのく未来基金に寄付されています。

工房の方達は、ふなっしーの依頼に感謝のコメントをしていました。

分身の製作を依頼してくれたふなっしー、商品をお買い求めくださった皆さん、2011年秋に呼びかけに応じて寄付金を送ってくださった皆さん、そして何よりも、ひたむきにミシンに向き合って活動に参加してくれた縫い手の皆さん。

本当にありがとうございます。


その他にもいろいろな形で被災者への寄付を行っているようです。

その中でも自らの言葉で支援を語ったものもあります。
 
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ