世の中は沢山のいいね!があふれてる。

これぞ神業!! 柔道の神様『三船久蔵十段』の試合に世界が驚愕!

2017/02/21 UPDATE
 
19,033 views

今回ご紹介する動画は
柔道の神様『三船久蔵十段』の試合の様子。

自分よりも二回りも大きな
高段者を次々に投げ飛ばします。

その神業にただただ驚くばかりです(゚Д゚;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三船 久蔵(みふね きゅうぞう)
身長159cm、体重55kg。
1883年(明治16年)4月21日生まれ
1965年(昭和40年)1月27日永眠。
日本の柔道家で段位は講道館柔道十段。
大日­本武徳会柔道範士。

小柄な体型ながら
「空気投げ」などの新技をあみ出し
­1945年(昭和20年)最高位の十段を
授けられ「名人」の称を受ける。

「理論の嘉納­、実践の三船」といわれ
柔道創始者である嘉納治五郎の理論を
実践することに力をいれ­たことから
「柔道の神様」とあがめられた。

現在、出身地の岩手県久慈市に
三船十段記念­館が建っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではご覧ください!

最後に三船久蔵十段の言葉です。

柔道の姿の美しさは
身のこなしに無理がないから。

言い換えれば
正しい心の持ち方による。

中心規律こそ柔道の神髄である。


出典元:YouTube



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ