世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「ダースベーダー」達から、少年への新しい義手のサプライズプレゼントに感動!!!

2017/02/21 UPDATE
 
1,771 views
【ダースベーダ―からのサプライズプレゼント】


9歳のアルヴィン・ガルシア・フローレスくんは先週、

クラスメイトや友だちの見ている前で、

3Dプリンターで作られた新しい義手を受け取りました。

なんと、そこには思いもよらぬ、うれしいサプライズがありました!!!

義手が欲しいというクリスマスのお願いが叶っただけでなく、

スター・ウォーズのファンであるアルヴィンくんの前に現れたのは、

なんと大好きな「ダース・ベーダー」でした。



アルヴィンくんは生まれつき右腕の肘から先がありません。

彼は、学校の集会で彼用に作られた義手をもらい驚きました。

The Associated Pressによると、この特別な贈り物をしたのは、

ダース・ベーダー、2人のストームトルーパー、帝国軍准士官にドロイド・・・。

全員スター・ウォーズファンの団体「501st Legion」からのボランティアだそうです。

それでは動画をご覧ください。





3Dプリンタに関するニュースサイト"3Ders.org"によると、

アルヴィンくんはクリスマスプレゼントに「筋電義手」をお願いしたそうです。

そこで彼に内緒で、彼の通うゲートウェイ小学校の校長先生が

可能な限りの記憶に残るような方法で彼の願いを叶えてあげたいと計画をしていました。

校長のテリー・バートンさんは、学生主導のフロリダの非営利団体

"Limbitless Solutions"に連絡し、

アルヴィンくんのために義手を作るのを手伝ってもらえるか相談しました。

その慈善団体は、無料で3Dプリンターで作られた義手を子どもたちに送っています。

そして校長の願いはその団体に届き、今回のチャレンジを引き受けてくれることになりました。

アルヴィンくんの義手が完成すると、その団体は「501st Legion」に、

それを持つべき人のところへその義手を届けてくれるように連絡しました。

「アルヴィンくんが義手のおかげで学校の友だちと過ごすときに、もっと自信を持てたらいいと思います。」とバートン校長は言いました。
 
 

アルヴィンくんのお母さんは、新しい義手を受け取った後、

息子がクラスメイトたちに応援されているのを見て、

笑みがこぼれたとWOWT.comに話しました。
出典元:huffingtonpost.com



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ