世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”風見しんごさん”が成人を迎える天国の娘へ「笑い声届けたい。」

2017/02/21 UPDATE
 
110,063 views
11日は成人の日。

各地域では成人式が行われ、

まちでは男子は黒いスーツ、女子は振り袖を着込んだ青年たちを多く見ました。



出典元:asahi.com

※風見しんごさん提供

タレントの「風見しんご」さんの長女「えみる」さんも今年、20歳を迎えるはずでした。

交通事故で亡くして約9年。

風見さんは命の大切さについての講演を各地で続けています。

これからハンドルを握る若者たちにも、耳を傾けてほしいと言います。


「朝、赤いランドセルを背負い、

『行ってきます』と笑顔で家を出ました。

事故はその数分後でした。」


2007年1月、えみるさんは自宅近くの横断歩道を青信号で渡っているとき、

3トントラックにはねられた。運転していたのは22歳の男性でした。

事故がなければ今年成人式を迎え、

両親らに晴れ姿を見せていました。

悲しみ。憎しみ。後悔。恐怖。

事故後、風見さんは次々と襲って来る感情に混乱しました。

「時間は何も解決してくれなかった。」

えみるさんを失って半年後、

風見さんは事故防止を呼びかける講演活動を始めました。

心にあいた穴はふさがっていなかったが、

「自分で一つひとつの感情に決着をつけるしかなかった」。

自分と同じ思いをして欲しくないと願い、各地に赴きます。

学校や地域の集まりで交通安全や命の大切さを訴え、

年に50回を数えることもありました。

出典元:asahi.com
「今でも『ただいま』と帰ってくる気がします。

交通事故は数多くの深い悲しみをうむ。

誰もが加害者にも被害者にもなる。

アクセルを踏む前に、えみるのことを少しでも思い出してもらえれば。」



講演では事故当時の悲惨な様子を語りながら、そう呼びかけています。

出典元:asahi.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最愛の娘を亡くしたやり場のない怒り。

同じ親として想像できないまでも

その苦しさはわかります。

一歩前に踏み出し同じ過ちを犯さないための

活動を行っている心の強さに感動しました。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード