世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「子は親に与えられた名を受け入れないとダメ?」キラキラネームの高2女子の相談が考えさせられる…

中学、高校と大人になるにつれ嫌になるよね…
2020/09/09 UPDATE
 
14,290 views

私の名前は、キラキラネームです。

キラキラネームと言われる変わった名前が増えています。

我が子の幸せを願って付ける名前なので、キラキラネームであっても両親の愛情がつまっていることに間違いはないのでしょう。

しかし、だからといって付けられた名前を受け入れるべきなのでしょうか。

これから親になる人を含め、全ての人に読んでいただきたい質問です。

私の名前は、キラキラネームです。

DQNネームとも言われます。


私は、高校2年の女子です。


漢字が当て字だけならまだしも、平仮名にしても、人名ではありえない言葉ですし、声に出して言うと誰もが振り向きます。

私自身、自分の名前が変わっているのは、小さい頃から分かっていました。

疑問に思い始めたのは、小学生の頃ですが、親に感化されている時期でしたし、クラスメートや友人に恵まれていたのでイジメもなく、中学まで過ごしました。


高校に入学してから、名前について嫌な事を言われたり、バイト先で大人たちが、ひそひそと聞こえるように言う悪口に、傷つき落ち込みました。


それでも、高校で仲の良い子ができて、ある日、名前のことで悩んでいると話したら、確かに外で大きな声で名前を呼べないよね、何かあだ名を考えようと言ってくれました。

優しいから、優ちゃんはどう?と言われて、私はもし自分の名前が変えられるなら、「子」をつけたいと前に話していて、優子になりました。


それから、友人、クラスメートと広がり、今では高校の友人は全員、ユウコと呼びます。
友達からの手紙には、優子へと書いてあります。


私は、みんなにユウコと呼ばれることが嬉しいです。


今日、家に友人が遊びに来たとき、みんながユウコと呼ぶことに、もう違和感がなくなっていて、気にしていなかったのですが、友人が帰った後、ユウコにいつ改名したの?と母が聞いてきました。

自分の名前が気に入らないのかと聞かれ、今までの溜まっていた気持ちをぶつけてしまいました。

何故、この名前にした?普通の感覚ならつけない!普通じゃない、ずっと我慢してきた、名前は自分で決められないからこそ、せめて一般生活に支障のない名前にしてほしかったと言ってしまいました。

ユウコは、あだ名で、友達が考えてくれた名前、お母さんがつけた名前よりずっと気に入っている、この名前に改名したいと言って私は部屋へ戻りました。


父が帰宅して、父から話があると言われて、お母さんと出合った話や妊娠の話、妊娠中に一生懸命考えてつけた名前だから、お母さんに謝りなさいと言われ・・

でも、前に名前の由来を聞いた時、可愛いからつけた、響きがいいからと・・

謝らないと食事がないそうです。
いらないけど・・・


どんな名前でも受け入れて当然ですか?

どう思いますか?

私が謝るべきだと思いますか?

母が怒る理由は分かりますが、怒れるのがすごいやと思ってしまいます。

ベストアンサーはこちら!

姓名判断の観点から言えば名前とは、その子の人生や将来を願って考えるものです。そのために画数や音色を気にするくらい重要だと捉えるべきです。基本的にそれを一生背負うのは子供であると考えたとき、親は慎重に一生懸命に考えるのは当然です。
ですから、結果として子供が悩み、苦しむならばまさに本末転倒です。であるので、親があなたを苦しめているのですから謝るのは、親であるべきです。それが筋ですし、大人になるのは親ではないでしょうか?
親は、あなたの心情にたって考えてはいないと推察します。父と母の出会いや盛り上がった恋やその結果の妊娠などは、優子さんを存在させる原因ではありますが、あなたの人生とそれを天秤かけてたとき果たしてどちらがより大切でしょうか?
ただ、友達があなたをどんなあだ名で呼ぼう気にする親は、そうはいないのですが、優子さんのお母さんは気にするくらいあなたの名前に愛着と自信があるかもしれません。そして、それを一番知っているのがお父さんなのかもしれません。
しかし、お父さんは、お母さんの立場に立って考えるのではなく中立に立つべきだと思います。反抗を自立の兆しと考えドンっと構えるのは、父の役目です。ですから父は、母の心情を察するのと同時に娘の心情を聴きその上で話し合いを持って、方向性を示して行かなければいけないと感じます。
今の状況では、優子さんが孤立して話し合いどころではなく、食事抜きなどの圧力で子供の自立性を抑制しています。子供は、親の所有“物”ではなく、一人の人間です。優子さんのご両親は、ちゃんと優子さんと向き合うべきだと考えます。制裁を与える事は、子供と向き合えていないただの逃げでしかありません。
最後に私の考えとして、優子さんは戦うべきです。今を変えたいならば、戦うべきです。その為に仲間を増やし、公的機関や学校の先生、友人、知人に相談し助けを求めるべきです。
衣食住は、憲法にもある国民の権利ですから親に奪う力はありません。それも名前がために侵害されるものではないのです。
優子さんが自分の未来を勝ち取る事を願っています。
それでは



コメント

1
  • 1. いいねニュース訪問者
    (dd41f3) 2020-09-13 03:05:57 [通報]
    小学校教員です。
    キラキラネームを付けた親に、モンスターペアレンツの割合は異常に高い…という現実をみてきました。
    0
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ