世の中は沢山のいいね!があふれてる。

感染ゼロ岩手県でサッカー天皇杯やります⇒大炎上⇒急転延期に。

岩手県サッカー協会は10日、12日に行われる予定だった「第70回岩手県サッカー選手権大会 兼 天皇杯岩手県予選」を延期すると発表しました。
2020/04/10 UPDATE
 
1,173 views

天皇杯県予選

4月9日。岩手県サッカー協会が驚きの発表を行いました。

岩手県サッカー協会は9日、第100回天皇杯全日本選手権予選を兼ねる同県選手権の準決勝を12日に予定通り行う方針を明らかにした。同県は9日までに新型コロナウイルスの感染者が確認されていない。

岩手県協会は現在、同県選手権以外の公式戦の開催を自粛しているが、協会関係者は同県選手権については「現時点では実施する予定」と話した。12日は富士大―日本製鉄釜石が組まれ、この勝者が19日にJ3盛岡と対戦する予定。
「現時点では実施する予定」

12日の試合を予定通り行うと発表すると…

ネット上で大炎上。中止を求める声が相次いだ。

その結果、4月10日午前中に岩手県サッカー協会は急遽中止を発表しました。

【延期】第70回岩手県サッカー選手権大会 兼 天皇杯岩手県予選


標記大会につきまして、4月12日の準決勝ならびに4月19日の決勝につきましては、延期いたします。
今後につきましては、中止を含めまして再検討いたします。
岩手県は新型コロナウイルスの感染者ゼロを維持しているが、状況を考慮して判断。開催をめぐって賛否の声があがり、サッカー協会の関係者は「いろいろなご意見をいただいた」とした。

結果として中止になってよかったですが、行う予定だったことに驚きを隠せませんでした。

みんなの反応まとめ




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ