世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「夕飯何食べたい?」という厄介な質問に、夫と妻の視点からベストの返答を考えてみる。

2018/03/28 UPDATE
 
2,230 views
  • 「夕飯何食べたい?」の本当の意味

  • それでは、料理における
    「考える家事」とは何でしょう。

    夕飯のメニューを考えるにあたり、
    考慮すべき事柄はいくつもあります。

    例えば、
    ・冷蔵庫の中にある早く消費したほうがいいもの
    ・スーパーの特売
    ・旬の食材
    ・栄養のバランス
    ・家族の食の好み
    ・家族の体調
    ・自分の料理の腕
    など・・・

    これだけの要素を組み合わせて
    メニューを考えるのは、結構な負担です。

    家族が増えると、考慮する範囲が
    広がり、負担も増えます。

    「夕飯何食べたい?」の返事に
    「簡単なものでいいよ」と答えると
    ぶち切れるのは、メニューを考える
    こと自体が簡単ではないのに、
    そこを分かっていないからです。

    また、「なんでもいい」と答えると
    ぶち切れるのは、考える負担を
    減らして欲しくて質問しているのに、
    なんの助けにもならない答えを返してくるからです。

    要するに、「夕飯、何食べたい?」とは、

    「冷蔵庫の中身とスーパーの特売と旬の食材と栄養のバランスを考慮したうえで、家族みんなが文句言わずに食べられて、私の腕でも作れる料理の中で、何が食べたい?」

    という質問なのです。

    この正確な意味が分かると、上記の夫
    も、どんな答えを返しても妻が
    不快になる理由が分かるでしょう。

    やっかいなのは、妻自身もこの本当の
    意味をわからず、軽い気持ちで
    「夕食何食べたい?」と投げかけることです。
  • 妻への提案

  • 「夕食何食べたい?」という質問で、
    自分が納得する回答が返ってくる
    ことはないでしょう。

    しかし、正確に

    「冷蔵庫の中身とスーパーの特売と旬の食材と栄養のバランスを考慮したうえで、家族みんなが文句言わずに食べられて、私の腕でも作れる料理の中で、何が食べたい?」

    と聞いたら、夫の方が不快を感じます。

    自分が夫のことだけを思って
    「夕食何食べたい?」と聞いている
    のではないことを自覚して、相手に
    期待を持たせるような質問の仕方を
    するのは辞めましょう。

    あなたが求めているのは、
    「考える家事」の負担を軽減することです。

    正確に質問をせず、また、自分が
    持っている材料を1つも提示せずに、
    正しい回答が返ってこないと怒るのは理不尽です。

    せめて、

    「キャベツを消費したいのだけど、スープっぽく煮るか、刻んで生で食べるか、どっちがいい?」

    といった質問をすれば、
    希望に近い答えが返ってくるでしょう。

    こういう質問の仕方ができないほど、
    アイデアがない状況だったら、
    「夕飯の献立決めるアイデアちょうだい」
    と聞いてみましょう。

    「カキフライは季節が違うから、アジフライでもいい?」

    だったり、話し合いをすれば、お互い
    ストレスなくメニューが決まるでしょう。
  • 夫への提案

  • ここまでで、わかるように、
    「夕飯、何が食べたい?」は正解
    がない地雷の質問です。

    不幸なことにこの質問をされたのなら、
    質問返しをしてみましょう。

    妻が求めているのは、「考える家事」
    の負担軽減なのです。

    「何ができる?」や「何があるの?」
    という感じで、一緒に夕飯のメニュー
    を考える方向に持っていくのが正解です。

    そこまでして、一緒に考えたメニュー
    と違うものが夕飯の食卓に並ぶかもしれない。

    でもそれは、上記に挙げた要素のうち
    の何かが、当初の想定と変わったからです。

    目の前にあるものが、最新の状況の中
    での最適解と受け入れましょう。

    提案が無駄になったと感じるかも
    しれませんが、そんなことはありません。

    妻の「考える家事」の負担を減らすと
    いう大きなミッションを果たしたのです。

    だから、夕飯の食卓に自分の意見が
    反映されていなくても、怒る必要はありません。
  • まとめ

  • 「夕食何食べたい?」という質問は
    とてもやっかいです。

    しかし、お互いが「考える家事 」の
    軽減を意識すれば、歩み寄れることも
    あるようです。

    お互いを気遣う気持ちが強まれば、
    美味しい食卓になりますよね!!!



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード