世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「〇〇〇をしてたら99%日本人!?」海外の方が語る日本人の意外な特徴とは…

2017/02/21 UPDATE
 
23,230 views

  • 海外の方が日本人かどうかを見分けることができるある特徴について話題になっているので紹介します。

    その特徴とは「
  • マスク
  • 」。

    日本では風邪を引いたときや予防のため、多くの人がマスクを着けています。


  • 出典元:madameriri.com


  • 一種のマナーと言ってもいい、日本におけるマスクの着用。

    しかし、海外ではマスクを着けることの意味合いが日本とはかなり違っているようです。



  • デンマークのコペンハーゲンに住んでいるという投稿者さんは、イタリアでは「マスクをしている人は99%日本人」と認識されていると言います。

    実はこういった認識はデンマークやイタリアだけに限りません。

    アメリカでもマスクを着用する人は少ないそうです。



  • 同じアジアの香港でも・・・



  • ドイツでは、「マスクをしている=重い伝染病にかかっている」というイメージがあるそうです。

    スペインでも同様のイメージが強いようで、旅行で訪れると現地の日本人ガイドさんから「マスクをしていると重篤な伝染病患者と勘違いされます」といったアドバイスがされるほどです。



  • そして、こういった理由から海外ではマスクを着用している人は少なく、日本人が日本にいるときの感覚でマスクを着用していると「日本人である」ということはすぐに分かってしまうと言うのです。

    これには様々なコメントが寄せられています。

  • マスクに感染予防の意味はあんまりないそうです。一昨日テレビで見たけど、隙間がどうしてもできてしまうからね。隙間がないマスクもあるけど、30分で息が苦しくなってしまうらしい。それよりも、水を20分に一回飲むだけで体内に入った喉のウイルスが流されて胃酸で殺菌されるから効率がいいでしょ。栄養士や調理師がマスクをするのは、唾液が食べ物に入るのを防ぐためだしね。


  • それこそ、日本人の心配り、気配りと言うもの。個人主義の海外の人とは日本人の違うところ。とはいえ、気配りって海外の人にもあるはずなんだけどね?


  • もちろん、日本人であることは分かったからと言って、それが危険に直結するとは限りませんが、国によってはTwitterでも言われているように「日本人=金持ち」というイメージを持たれています。

    なにはともあれ、無用なトラブルに巻き込まれないためにも、海外旅行の予定がある人は海外でのマスク着用について、いつもよりも慎重に考えた方がいいかもしれませんね。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード