世の中は沢山のいいね!があふれてる。

川村カオリさんの生き方

2017/02/21 UPDATE
 
33,586 views

2009年7月28日

38歳という若さで亡くなった
シンガーソングライター『川村カオリ』さん

自ら癌である事を公表した川村さんは
激しい痛みと闘いながらも
抗がん剤を打ちながら富士山を登りきった。

自ら手術後の左胸の写真を
エッセイに掲載し世の中の女性たちに
乳癌の恐ろしさや検診の大切さを訴えた。


倒れる直前まで3時間のライブを行った。


最後まで走り続けた彼女の生き方に
心を打たれ励まされた人がたくさんいます。



そんな川村さんも乳癌だと知ったときは


「最初ずっとクヨクヨしていて
 自分の人生に裏切られた感じしました。」

「癌である事を受け入れる事ができなくて
 癌である事が納得がいかなかった。」


と、話しています。


それでも、川村さんがここまで頑張れたのは
愛娘のるちあさんの存在でした。


「るちあがいなかったら
 ここまで頑張れなかった。

 強くなかった。」


川村カオリさんが愛娘るちあさんに宛てた
メッセージを紹介します。



『ママまた悪い虫が入っちゃった。

 いつも寝ててごめんね。

 ママ…ずっと言いたい事があったんだ。

 病気になってごめんね。

 休みの日に、公園に行ったり、走ったり
 騒いだり、してほしいこと
 いっぱいしてあげられなくて、ごめんね。

 ママの子供に生まれてよかった
 と言ってくれた日。

 ママは泣きました。

 ママは歌うよ。

 これからもずっと。

 伝えたい事があるから。

 これからも、歌っていいですか?


 初恋はいつなんだろうね。

 ママに教えてくれるかな。
 
 どんな仕事につくのかな。

 何でもいいよ。

 あなたが楽しいと思えるなら。

 何歳で結婚するのかな。

 どんな母親になるのかな。

 あなたの事を考えていると
 時間があっという間に過ぎていく。

 あなたと2人で居られた時間は
 ママの宝物です。

 ママね、あなたが
 生まれてきてくれて本当に良かった。


 ママにたくさんの事を
 教えてくれてありがとう。


 ママの子供になってくれてありがとう。』

 

乳ガンと闘う川村カオリの映像



出典元:YouTube
 

女性の20人に1人は乳がんになる
可能性があるとされています。

1人でも多くの女性に
検診に足を運んでほしいです。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード