世の中は沢山のいいね!があふれてる。

イギリスで洋服に「安全ピン」を付けことが話題に!!!その本当の理由とは・・・

2017/02/21 UPDATE
 
16,813 views


  • 国民投票によるEU離脱が決まったイギリスで、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えていることが話題になっているので紹介します。

    これは、ある一人の女性が、Twitterを通じて呼びかけた、イギリス国内の移民の安全を守るためのシンボルでした。

  • I quite like the idea of just putting a safety pin, empty of anything else, on your coat. A literal SAFETY pin!

    — miss pommery 1926 (@cheeahs) 2016年6月26日

    「ちょっといい方法を思いついたんだけど、みんなジャケットやコートに安全ピンをつけるっていうのはどう?文字通りセーフティーなピン」


  • Wear an empty #safetypin to show solidarity with EU citizens and immigrants in the UK. https://t.co/F58UqtzN7j

    — miss pommery 1926 (@cheeahs) 2016年6月26日

    「イギリス国内にいるEU市民や移民たちが団結できるよう、飾りっ気のない普通の安全ピンをみんなでつけよう」


  • 一連の投稿は、先の国民投票から3日後の2016年6月26日、アカウント名(@cheeahsさん)が自身のツイッターで呼びかけた文言です。





  • 彼女のアイデアは、瞬く間に拡散されていき、「胸に安全ピンを身につける人が1週間も経たないうちに急増している」と「CNN」は報じました。

    実は、こう彼女が呼びかけた背景には、EU離脱をめぐる混迷した国民世論のなかで、くすぶり続けていた反移民感情が誹謗中傷というかたちになって表面化する、という国内事情がありました。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード