世の中は沢山のいいね!があふれてる。

女子レスリング"吉田沙保里"選手を霊長類最強女子にした「吉田家の掟」に心打たれる!

2017/02/21 UPDATE
 
22,220 views
私がレスリングを始めたのは3歳のとき。

そういう人はあまりいないと思いますが、なにしろ私は自宅にレスリング道場があるという環境に育ったので、それに疑問を感じることはありませんでした。

レスリングをやるのは吉田家に生まれた人間にとって当たり前のことなのです。

そんな私の考え方や生き方に最も強く影響を与えたのは、父栄勝です。

出典元:girlschannel.net


たとえ学校の先生の言うことや、本に書いてあることと違っていても、吉田家では父の言葉が絶対でした。

いま思えばずいぶん理不尽なこともあったと思います。

でも、やはり吉田家では父が正しい。

これまで父に従って後悔したことは一度もありません。

いまも、迷ったときは父ならどう言うだろうとよく考えます。

人に迷惑をかけるな



レスリングがすべて優先。

それは吉田家では当たり前のことです。

かといって、強くなるためだったらほかは関係ないと、周囲の人に迷惑をかけて平気な顔をしているような態度を、父は最も嫌いました。


「人に迷惑をかけるな」


 
父はいつも口ぐせのようにそう言っていました。

人間はひとりで生きているのではない、生かされているんだ、だからいつも感謝の気持ちを忘れず、誰かに迷惑をかけていないか絶えず気を配りなさい。

そうはっきり説明されたわけではありませんが、たぶんそういうことを父は言いたかったのです。

実際、練習ができるのは一緒につきあってくれる監督や仲間がいるからだし、応援してくれる人がいるからもっとがんばろうという気持ちになれるのです。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード