世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「黒人はエルサになれない!」と差別を受けた3歳の女の子に奇跡が起きる!!!

2017/02/21 UPDATE
 
22,997 views
  • 出典元:facebook.com


  • オーストラリアに住むサマラ・ミューアちゃん。

    笑顔がキュートな3歳のアボリジニの女の子です。

    先月サマラちゃんは、母親のレイチェルさんと一緒にディズニーイベントの会場へ出かけました。

    大好きな『アナと雪の女王』のイベントに合わせて、憧れだったエルサの衣装でおめかししています。

    会場に着くと、雪が敷き詰められたブースに入るため、2時間ほど並んで待たなければなりませんでした。

    そのときです。

    近くにいた女性がサマラちゃんに向かって、

  • 「なんでドレス着てるの?アナもエルサも黒人じゃないわよ。」

  • と差別に満ち溢れた言葉を言い放ったのです。

    さらにその女性が連れていた2人の娘まで、

  • 「黒人だ!黒人は醜い。エルサにはなれない」

  • と罵ったのです。

    うきうきと心躍らせていたサマラちゃんの顔は、一瞬にして曇りました。

    まだ3歳の幼い女の子です。

    突然浴びせられた言葉の意味がすぐには理解できなくても、その純粋な心はひどく傷つきました。

    理不尽に虐げられることへの疑問が生まれたのでしょう。

  • 「どうして黒人だとエルサにはなれないの? 黒人は醜いの?」


  • 彼女は自分の顔を両手で覆い隠し、泣き叫びました。

    後日、母親のレイチェルさんは、その出来事をFacebookに投稿しました。

    「娘がこんな目にあったこと知って欲しい。残念だけど、まだまだ差別は存在する。」

    親心で投稿したその出来事は、多くの人にシェアされ広まっていきました。

    すると、それを見たオーストラリアの雑誌が、その出来事を取り上げたのです。

    「The Courier」に取り上げられると、地元のアーティストや一般の人から、多くの励ましの手紙が寄せられました。

    さらには、インドやメキシコ、イギリスなど、世界中からもメッセージが集まり、その数は200以上にものぼったそうです。

    Facebookにも続々とメッセージが届き、レイチェルさんは朝まで返事を書き続けたそうです。

    サマラちゃんからも、たくさんの温かい励ましに「ありがとう」の言葉を送っています。
     



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード