世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「怒られて育つ子ども」と「叱られて育つ子ども」の違いに絶句する…。

2018/03/15 UPDATE
 
87,113 views

子どもが悪いことをしたときの注意の仕方には2種類あります。

「怒る」と「叱る」です。

「怒る」とは

相手が自分に悪い影響を与えたり、

自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、

自分が腹をたてたことを相手にぶつける動作

「叱る」とは

相手が自分を含めて誰かに悪い影響を与えたり、

自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、

相手をより良くしようとする注意やアドバイスを、

あえて声を荒げたり語気を強めたりして相手に伝える動作

ーーーーーーーーーーーーーーー

一見、同じに見える二つの動作は全く違うものです。

この違いを教えてくれる、ある動画が話題になっているので紹介します。
 
リビングに向かうお父さん。

そこにはなんと、白い壁にクレヨンで絵を描いている息子の姿が・・・

思わずカッとなってしまったお父さん。

「ダメだ!」とクレヨンを持つ息子の手を乱暴に引き、体を揺らしながら「部屋に戻りなさい!と叫びます。

男の子はお父さんに怒られたことがショックで、すっかり怯えた表情に・・・。

これが「怒る」です。


公共の場などでもよく見られる光景ではないでしょうか。

しかし後日、この出来事が男の子の行動に影響してしまいます。

次のページで続きをご覧ください。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ