世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「僕は何かを失った…」1年間で4,500kmを歩いた男性の変化に驚き!!!

2017/02/21 UPDATE
 
18,627 views
世界を旅するって憧れますね。

見たことのない景色に食べたことのない食事。

そして、多くの出会いと経験。

時間とお金と健康な体があれば・・・。

でも、そんなに簡単なものではないようです。

2007年の秋、Christoph Rehageは、北京からドイツまで歩いて渡るという壮大な挑戦を開始。

旅の記録として自分の顔写真を撮り続けました。

2010年、彼は1年間撮りためた写真をタイムラプス映像に凝縮し、

「The Longest Way(最も長い道のり)」と名づけて発表。

その変化には、圧倒されます。



髪も髭も伸び、まるで別人です。

年齢さえ同じとは思えないほど変わり果てた風貌。

それだけ過酷な旅だったという証拠なのかもしれません。

それでは動画をご覧ください。
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ