世の中は沢山のいいね!があふれてる。

作品コンクールで「ぼくの人生 こんぺいとう」という”自分の発達障害について書いた”ある小学生の作文に心打たれる。

今回ご紹介する作品は、平成21年度人権作品コンクール 小学校作文の部で最優秀賞に輝いた国府小学校6年の河上光くんが書いた「僕の人生 こんぺいとう」を紹介します。
2017/04/12 UPDATE
 
78,747 views

「ぼくは、『ADHD』と『高機能自閉症』という発達障害を持っています・・・」
 
みんなの反応はというと内容を分かってくれて友だちになってくれた人もいたけど、逆に手紙を返したり、破っていたり、いじめがエスカレートしたり、いろいろでした。
  
これを聞いたお父さんは「お前は勇気がある」と言ってくれました。
  
お父さんは発達障害のある子どものことを「こんぺいとうキッズ」と呼んだりしています。
 
色も形も色々でいいところ、苦手なところのでこぼこがいっぱいあるけど、そこがまたみりょく的だからこんぺいとうなのです。
 
ぼくは聞いただけで何をするかは苦手ですが、目で見て何かをするのとパズルや迷路は大得意です。
 
忘れっぽいですが思い立ったらすぐに始める行動力があります。
 
運動は苦手ですがちょうせんする心はあります。
 
 
発達障害のない人たちへ

発達障害の人に「かわいそう」や「かわっている」など言わないで下さい。
 
その人が悲しんでしまいます。
 
 
発達障害がある人たちへ

あなたのところでいじめはありますか?

いじめは自分のせいと思っていませんか?
 
決してそうではありません。

からかう方が悪いのです。

まだみんなに発達障害だと伝えていないのなら朝か帰りにみんなに告白しよう!
 
きっと友だちが増えるかもしれないよ。

自殺なんかするよりも今、自分のいいことを探してみよう。
 
時間という物は味方、そして発達障害は天からのプレゼントだ!
 
プレゼントだからいい物に決まっているじゃないか!

ちなみにこの作文を光くん本人に読んでもらった動画がこちらです。

この子の勇気に感動しました。
  
また、我が子に自己肯定感を持たせたご両親も心から素晴らしいと思います。
 
カミングアウトすることは、とても勇気が要ることですが、カミングアウトしたからこそ初めて寄り添って下さる方々が現れるのも事実です。
 
もう少し発達障害について理解してくれる人が増えることを切に願います。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ