世の中は沢山のいいね!があふれてる。

母親から平手で叩かれた少女がSOS!助けを求めたのは児相でも学校でもなく…

子どもたちを守るべき組織がきちんと機能していないことを子どもたちもちゃんと知ってるんですね…
2019/02/06 UPDATE
 
1,846 views

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕されるという悲しい事件が話題となっている中、9歳の児童が虐待を受けていると助けを求めました。

少女が助けを求めたのは、学校でも児童相談所ではなく警察。

虐待被害に合っている子どもたちにとって、いかに児相や学校が頼りないかが伝わってきます。

自宅で小学3年の次女(9)の顔を平手でたたいたとして、兵庫県警加古川署は5日、暴行の疑いで、兵庫県加古川市の介護士の母親(44)を逮捕した。

 「学校に行かせたかったのでビンタした」などと容疑を認めている。同署によると、次女が自宅から「お母さんによくたたかれる」と110番した。けがはなかった。

 逮捕容疑は4日午前7時50分ごろ、自宅で次女の顔を平手で1回たたいたとしている。

 同署によると、次女は母親、長女、祖母の4人暮らし。5日午前7時15分ごろに次女が110番した。署員が駆けつけ、自宅にいた母親を任意同行。母親が「次女が学校に行きたくないとわがままを言うので口論になった。5日は暴力をふるっていないが、4日はたたいた」などと供述したことから逮捕した。

 次女に目立った外傷はなかったが、児童相談所で一時保護された。同署は、母親による暴力の常習性などについて詳しく調べる。

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード