世の中は沢山のいいね!があふれてる。

ある日家にやってきたメジロとの生活。突然やって来た別れに涙が止まらない…

読んでいて涙が止まりません…
2018/07/24 UPDATE
 
3,585 views

ある日家にやってきたメジロとの生活。突然やって来た別れに涙が止まらない…


今回ご紹介するのは、Twitterユーザーでイラストレーターの陸原一樹さん。


ある日お子さんが連れて帰って来たのは、怪我を負ったメジロでした。


動物病院によると、栄養失調と寒さで落ちてきてしまったようです。

陸原一樹さんはこのメジロを保護することを決め、野生に変えられるようにとお世話を始めます。


ちなみに、陸原一樹さんがメジロを保護した際、まず県の自然保護課に連絡をしたんだそうです。


その上で指示を頂き、快復するまでの間一時的な世話をしているという状態となっています。


メジロは鳥獣保護法により、飼育は規制、地方によっては全面禁止となっているようで、許可無く捕獲・飼育した場合、罰則(罰金等)の対象となってしまいます。


もし、メジロやその他の野鳥を保護する際には気をつけてくださいね!!


こうしてメジロと陸原一樹さんはの共同生活が始まります。


こちらが食事の様子です。


美味しそうに食べていますね!!

怪我をしているのにもかかわらず、かなりやんちゃなメジロのようでこのような出来事も!

まるで別の鳥のようです。


綺麗な色の羽が灰色に…


急いで乾かしてあげると、こんなポーズを!

羽を伸ばして乾かしている様子がなんとも可愛らしいですね。


この後ちゃんといつも通りのフワフワになりました♪


陸原一樹さんはこちらのメジロにジローちゃんと名前をつけて大切に育てていきました。

ある日、陸原一樹さんが買ってきたのは、こちらのリハビリグッズ!!


ジローちゃんが自然に帰った時に枝にとまれるようにするためのものなんです。


さて、ジローちゃん登れるでしょうか…!?

落ちちゃった…


何とも言えない表情が可愛い!!!


自然に戻るためには、まだまだリハビリが必要のようですね!!

掌の上で気持ちよさそうに寝ています。


ジローちゃんは陸原一樹さんにすっかり懐いてしまったようですね。


せめて自然に戻るわずかな間でも…と大切にされ、楽しい生活を送っていたジローちゃん。





しかし、ジローちゃんと陸原一樹さんのお別れは突然やってきました。

昨日まで元気だったのに…


なんで気付いてあげれなかったんだろう…


もっと出来ることがあったのでは…


あまりにあっけない突然のお別れに、自分を責めてしまう陸原一樹さん。


もっと一緒にいたかったでしょうし、自然に元気にかえっていく姿も見たかったでしょう。


動物を飼っていると必ず訪れるお別れではありますが、ジローちゃんとのお別れは、あまりに突然で想像していたのとは違う形でのお別れでした。


陸原一樹の気持ちを思うと涙があふれてきます。

お花の下で安らかな眠りについたジローちゃん。


悲しい別れではありましたが、もし子どもたちが見つけてこなければジローちゃんはあのまま亡くなってしまっていたかもしれません。


陸原一樹さんのもとにやってきたことで、温かく幸せな時間を過ごすことが出来たのは間違いありませんし、陸原一樹さんのジローちゃんを大切に思う気持ちはジローちゃんに届いていることでしょう。


ジローちゃんのご冥福を心より祈ります。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード