世の中は沢山のいいね!があふれてる。

二日続けて同じパジャマを着てはいけない「8つの理由」とは・・・

2017/05/20 UPDATE
 
94,259 views

5.朝から不快な気持ちになる

夜にシャワーを浴びる人はとくに、朝起きたとき自分の体が汚れているような感覚があるかもしれません。

目を覚ましてすぐにパジャマを脱いで着替えると、きれいな家に汚れを落としているような不快感…。

「Good Housekeeping」によると、寝ている間にあなたの肌に付着しているものはすべてパジャマが吸収してしまうので、パジャマが汚い状態だと、自分の体も汚れているように感じるそうです。

6.寝つきが悪くなる原因に

清潔なパジャマで寝ることは、深い眠りにつくことにつながります。

反対に、汚れた状態だと体がかゆくなったりベタつきが感じられて快適ではないため、寝つきが悪くなるでしょう。

また「BUSTLE」によると、寝ている間にダニを誘引すると呼吸に影響を与える可能性があり、いびきとも関係するそうです。

7.ハウスダストに要注意

使いまわしたパジャマで寝ると、アレルギーを引き起こす可能性が高くなります。

もしもハウスダストのアレルギーがあるなら、少なくとも1日おきにパジャマを交換したほうがいいでしょう。

ハウスダストアレルギー、喘息、他の呼吸器系の症状は、何もしなくても夜にひどくなる傾向があります。

「Asthma and Allergy Foundation of America」によると、ダニや、はがれた皮膚細胞がパジャマに蓄積するとさらに状態が悪くなり、アレルギー反応や喘息発作の原因にもなってしまうのだとか・・・。

8.免疫力が下がることも…

「Medical Daily」によると、汚れたパジャマを着ることでブドウ球菌の攻撃を受けてしまい、上気道の感染症や、かゆみなどを引き起こす細菌の原因にもなりかねないのだとか・・・。

これらが、体全体の免疫力を下げるきっかけにもなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いやーなかなか怖い情報ですねー。

ちょっと面倒くさいとパジャマを使いまわしたらこんな悪影響があるとは・・・

自ら病気になる可能性を上げてしまうということにつながっているんですね。

胃の不調やインフルエンザでさえも、パジャマの清潔感が原因になり得ることもあるそうです。

これを読んだ方は、ぜひ今日からパジャマは毎日変えましょう!!!




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード