世の中は沢山のいいね!があふれてる。

実物大ガンダムの関節周りなどの変色は自然発生したものではなかった!実は…

2017/02/21 UPDATE
 
6,239 views

実物大ガンダム立像は、2009年夏にお台場・潮風公園に初めて登場し、52日間で約415万人を動員して大きな反響を呼びました。

2010年夏には、ビーム・サーベルを右手に持った新たな姿で「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に登場。

そして、2012年春に再び臨海副都心エリアの大地を踏みしめ、今に至ります。

※実物大ガンダム立像「RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」は、2017年3月5日(日)で展示終了予定。

そんな実物大ガンダムですが、時間とともに関節周りやバーニア下に汚れや熱による変色の様な跡があります。

実物大ゆえに自然発生した様に思われがちですが、実はこれ自然発生ではないのです!!!

そのことをTwitterユーザーのよっくん@yoshi115tさんが伝えています。

さすがですね!

バンダイさんの職人魂に脱帽です。

これからも私たちに素敵な夢を提供してください~(^^♪




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード