世の中は沢山のいいね!があふれてる。

ウッチャンがある人に想いを込めて送った一枚の手紙とは・・・情熱は伝えるもの伝わるもの!!!

2017/02/21 UPDATE
 
2,795 views

出典元:cinetri.jp


お笑いタレントのウッチャンこと内村光良さんがある人に送った手紙が話題になっているので紹介します。

その人物とは桑田佳祐さんです。


出典元:cinetri.jp


内村光良さんが初めて原作・脚本・監督・主演を務めた映画『金メダル男』の主題歌に桑田佳祐さんの最新曲「君への手紙」が決定しました。

桑田さんがソロ名義で映画に主題歌を提供するのは、実に8年ぶりです。

そんな桑田さんの心を動かしたのは一枚の手紙でした。

本作の制作を進める中で、内村さんが「この映画の主題歌は桑田さんしかいない」という熱い思いを作品のDVDに直筆の手紙を添えて送ったところ、DVDを観てから1週間後、桑田さんからの返事が書き下ろし楽曲「君への手紙」として届いたそうです。



曲を聴いた内村さんは男泣き。

桑田さんからの

「最後は不覚にも泣けました。その根底には、御家族や共演者を見守る、とても温かく誠実なウッチャンの目線が感じられ、御自身の自己戯画的な描き方は、まさに久しぶりの< 社長漫遊記>や< 無責任シリーズ>と居並ぶ、喜劇の傑作だと思いました。」


という温かい感想をエールに、内村さんは映画の完成まで走り続けたそうです。

中学生時代、テレビで見た「勝手にシンドバッド」で衝撃を受けて以来、ファンになった内村さん。

初めて桑田さんと会ったのは「夢で逢えたら」の初代オープニング曲であるサザンオールターズ「女神たちへの情歌(報道されないY型の彼方へ)」の番組オープニング映像の収録の時。

あまりの緊張でほとんど話せなかったそうです。

その後も「ウンナンのホントコ」内の「未来日記Ⅲ・3人のクリスマス」にてサザンの「TSUNAMI」がテーマソングとなったほか、ソロの「白い恋人達」のPVや、「桑田佳祐の音楽寅さん ~MUSIC TIGER~」内でのコントに内村が出演、また桑田が療養中の2010年にはラジオ番組「やさしい夜遊び」にゲスト出演するなど、公私に渡って長年親交を深めてきました。

主題歌は、美しいバラードのメロディに乗せ、歌詞の中では本作で内村と知念が二人一役で演じた、とことん一等賞を目指す主人公<愛すべき全力バカ>秋田泉一や、夢追う者への応援、挫折した悔しい思いを包む優しさに満ちた、人生賛歌ともいうべき曲。

そして内村さんが手紙を書いて伝えたかった気持ちに桑田さんが「君への手紙」という楽曲で応えた形となっています。

内村さんの熱い想いが伝わって生まれたこの楽曲。

その想いに感動するとともに、

情熱は伝えるもの伝わるものであることを再認識しました。

それでは最後に「君への手紙」をご覧ください。






コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ