世の中は沢山のいいね!があふれてる。

浜田家の子育てに心あたたまる♪

2017/02/21 UPDATE
 
62,106 views


お笑いコンビ・ダウンタウンのツッコミ役、浜田雅功さん。

どつく、キレる、そんなイメージが強いかもしれないが、“後輩思いの芸人”としても名が高いです。

テレビスタッフや仲間に対する心配りも忘れず、美術や照明の助手さんたちの名前まで覚えるそうです。

そして、もうひとつの顔「良き父親」としての浜田雅功がいます。

妻はタレント・小川菜摘、長男はロックバンド・OKAMOTO’Sのベーシスト、ハマ・オカモトして活躍。

日本人初の米国フェンダー社とエンドースメント契約を結ぶ実力の持ち主です。

次男は米国に留学中だとか!

この一家に理想の家族像を見る人も少なくないでしょう。
 
 
それは2人のなりそめから始まります。

「おもろい」「気が合う」「一緒にいても疲れない」の3要素で結ばれ、1989年に2人は結婚。

婚約指輪は0.28カラットと小ぶり。

ウエディングドレスは7万のレンタル、ウエディングケーキは友人たちの手作り。

新婚旅行はアメリカ西海岸と一般庶民の私たちは親近感を覚えます。

結婚後1年ぐらいは2人っきりの生活を楽しもうと決めた浜田夫妻。

「おかえりっ!」と笑顔で迎えるのが鉄則。

夕食は、週5回は菜摘さんの手料理を食べるそう(当時)で「お腹がすいたと思うとパッと出てくる料理が最高や」の信条で手の込んだ料理は必要なし。

夜12時までに帰宅できる日は、お腹がすいても食べないで帰ってくるという浜ちゃんの愛妻家ぶりが伺えます。

その後、計画通りの妊娠となったが、菜摘さんは日々変化していく自分の体型に悲しみが増していきます。

そんな妻をみて「産んだら元の体に戻るやん。そんなん、いまだけやから、大丈夫やって」と浜ちゃん。

長男・次男2人の出産に立ち会い「ヒッヒーフー」と一緒になって出産を経験。

つらそうな奥さんにあえておどけた言葉をかける浜ちゃん。

加えて、事前に分娩室での位置関係まで決めていたという徹底ぶりです。

最後に「先生、どうもありがとうございました」と泣きながら、お礼を言い、その後はいつもと変わらぬ顔で『笑っていいとも!』に出演し、笑いをとったそうです。

そして・・・
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード