世の中は沢山のいいね!があふれてる。

国家斉唱の大役を任された少女が緊張で声が出ない…。そのとき!!!

2017/02/21 UPDATE
 
13,690 views
普段なら当たり前にできることが、いざというときにできない。

誰もがそんな経験をしたことがあるでしょう。

それが大勢の人たちの前であればなおさらですね。

緊張感からテンパってしまい、頭が真っ白になり言葉が出ない・・・。

そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。
 
 
NBAの試合で国歌斉唱の大役を任されたのは、オレゴン在住の13歳のナタリー・ギルバートさん。

彼女は緊張のせいか、国歌の前半で歌詞を思い出せなくなってしまいます。

何とか続きを歌おうとするものの、歌詞はどうしても出てこない。

目は泳ぎ、今にも泣きそうな状態です。

観客も応援しますが、それが逆にプレッシャーになっているようした。

そのとき、一人の男性が彼女に歩み寄り、まるで歌詞を教えるかのように歌いだしました。


彼の名はモーリス・チークス。

その日の試合に出場するチームのヘッドコーチでした。

ナタリーは相変わらず声はかすれてしまうものの、彼の力を借りて歌い続けます。

いつしか観客や他の選手たちも歌い始め、フロアは国歌の大合唱になりました。

そして、ナタリーへはもちろん、チークスの勇気をやさしさに対して、惜しみない拍手が送られたのです。

それでは動画をご覧ください!!!

出典元:shutokuiroiro



このことについて、チークスはこう語ったそうです。

「自分でも、なぜあのような行動をしたかはわからない。
そもそも、考えて行動したわけじゃない。
あれは私たち人間の、自然な行動のひとつさ。
ただ、私は大勢の人たちの前に、
彼女を一人きりにしておきたくなかっただけなんだ」

出典元:yuru2club.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少女のこわばった顔が少しの笑顔を取り戻す。

そして会場からの合唱・・・。

感動でした!!!



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード