世の中は沢山のいいね!があふれてる。

トイレの清掃をしていたら若者達から嫌なこと言われた。すると、一人のおじさんが若者達にこう言った。

2017/02/21 UPDATE
 
81,512 views

トイレの清掃員は
とても簡単な仕事ではありません。

男女問わず、定期的に清掃に入り
便器の隅々まで清掃を行います。

もちろん、ゴム手袋はしていますが
時に頑固な汚れが付着していたり
ガムなどの粘着物が吐き捨てられている時は
素手で作業することだってあります。

私は、そんなトイレの清掃員をしています。

ビル清掃の会社で、パートとして働き、
来る日も来る日も、トイレやビルの共用部の
清掃を行っています。

とはいえ
この作業が好きだからやっているなんて
カッコいいことは言いませんし言えません。

ただひとつ言えることは

「仕事があるだけで

 仕事を与えられているだけで

 感謝している。」

ということ。

元々は正社員として働いていたのですが
6年前に急にリストラをされてしまいました。

当時、上司に言われた解雇理由は
今でも忘れません。

「女性だから(会社の)今後のことを考えて

 優先的に辞めていただくことにした」

こんな無責任で酷いひと言だけで
人の人生に関わる一大事を片づけられたのでした。

そんな経験を経てきた私にとって
どんな仕事でも差別されずに
必要とされる仕事はありがたく
とてもやりがいのあること。

来年で55歳を迎えますが
日々喜んでトイレの清掃を行い
利用者の方が快く利用できるよう心がけて
ピカピカにしています。

清掃中は、もちろんトイレ前に
「清掃中」の立て看板を置いて作業をしますが
それでも、利用者の方はどんどん入ってきます。

ふだん、利用者にとっては
「空気」のような存在である私たちは
特段、気にもしませんが
気にもされていません。

それぐらいがちょうどいいのです。

しかし、ちょうど1年ほど前に
とても嫌な経験をしたのです。

いつも通り、男子トイレの清掃に入り
小便器をゴシゴシと掃除していた時です。

ビジネスタワーでもあるそこでは
ちょうどこの企業も
新卒採用の面接を行っている時期でしたので
大学生などリクルートスーツに
身を包んだ若者が頻繁に出入りしていました。

私が小便器を丁寧に掃除していると
笑いながらまだ初々しい姿の大学生二人が
トイレに入ってきたのです。

私に聞こえるともなく
心無い会話を始めました。
 
 
「こんな仕事やだよなー。

 まじで無理だわ、俺」
 
 
「いや無理とかってレベルじゃないだろ!

 トイレの掃除とかキモいって!」
 
 
「こうなったら人間のゴミかもな(笑)」
 
 
知らないフリ
聞こえないフリをしました。

一生懸命、悔しい気持と怒りを
食いしばり我慢しました。

ここで言い返したりしては
私は、この大学生たちの言うように
本当の「ゴミ」になってしまうような
気がしたからです。

言い返す=認めること
このような思いが、とっさに私の心で
我慢するという選択をとったのだと思います。

ほんとうは歯を食いしばり
涙がこぼれそうでした。
 
 
すると
 
 
この大学生たちのすぐ後ろから
入ってきた一人のおじさんが
ボソッと大学生に言葉をかけます。
 
 
「君たちは就活生かい?

 だとしたら、0点だね。

 …なぜなら君たちは
 仕事の意味をはき違えているようだ。

 どんな仕事でも
 仕事があるということは
 必要とされているからなんだ。

 誰にでも出来る仕事じゃないことを
 してくれる人がいるから
 君たちは何不自由なく
 便利に利用できるんだ。

 いいかい?

 「ゴミ」なんて言葉を使うんじゃない。

 掃除をする方が
 掃除をして給与をもらうだろ?

 これは、その仕事や人に対しての
 対価=ありがとうという報酬なんだよ。

 そこにお金という
 対価が発生しているということは
 必要とされているからなんだ。

 ゴミじゃないんだよ。

 でも、きっと
 雇う側も仕事を与える側も
 君たちのような価値観の人間には
 何も渡さないと思うが、どう思う?」
 
 
そこまで話して、ふと大学生が
首から下げている名札を見て
さらに笑みを浮かべて、こう言います。
 
 
「ふむ、面接か。…楽しみだね。

 そのロゴは、私の会社のシンボルだ。

 後で、面接室で続きを話そう」
 
 
引用元:yuru2club.com





コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ