世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「返礼品の御神札の紙が黄ばんでいる」という問い合わせが!→神社さんの返しがウィットに富んでいた

ちょっと考えてわからなかったんだろうか。
2020/12/19 UPDATE
 
5,929 views

「返礼品の御神札の紙が黄ばんでいる」という問い合わせが!→神社さんの返しがウィットに富んでいた

鳥の子紙とは?

鳥の子紙(とりのこがみ)とは、和紙の一種。主に画材や書道の用紙、また襖の上貼りなどに使用するもの。 鳥の子の名の由来については、文安元年(1444年)成立の『下学集』では、「紙の色 鳥の卵の如し 故に鳥の子というなり」と説明している。また『撮壌集』には、「卵紙」と表記している。同様に「薄様」についても説明があり、鳥の子と区別していることから、鳥の子は厚手の雁皮紙(がんぴし)を指していたと考えられる。両集ともに厚様の説明が欠けていることから、平安時代から雁皮紙(がんぴし)の厚様を鳥の子と呼んでいたと考えられ

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ