世の中は沢山のいいね!があふれてる。

子育てに悩むママ「イライラが限界になってきました」→ベストアンサーが温かくじーんとくる…

大変でも過ぎたら寂しい貴重な時間なんですね。
2019/06/23 UPDATE
 
2,380 views

子育てに悩むママ「イライラが限界になってきました」→ベストアンサーが温かくじーんとくる…

子育て中は子供につきっきりとなってしまい、思うように家事ができないこともあります。

自分の自由な時間も作れないので、イライラすることもありますよね。

ヤフー知恵袋に投稿されたある子育てに悩むお母さんの投稿へのベストアンサーが温かくジーンと来るものがあります。

添い寝していないと頻繁に起きて泣くことを改善する方法についてアドバイスお願いします。

一歳二ヶ月の子についてです。

添い寝で寝かしつけて寝たと思って離れると5分もしないうちに泣き出します。

それが私も床に入るまでの間ずっと続くので子供が寝てからもほとんど何もできず結局寝かしつけているだけ・・・という感じで夜のイライラが限界になってきました。(せめて子供に当たらないように壁を殴ったりしています・・・。)

どうしても夜にやらないといけないこともあるので「寝る→離れる→起きて泣く」の繰り返しがキリがなくなってきたら、泣かせっぱなし(無視)で済ませてしまっています。暗い寝室に閉じ込めっ離しだと泣きが激しくなって近所迷惑なのでさすがに寝室のドアは開けてこちらの様子が見えるようにはしていますが。(それでも布団の上に座って泣き続けています。)

頻繁に起きるのは添い乳で寝かしつけていた頃はよくあることでした。卒乳後も朝までは寝ることは一度もないものの、4時間、5時間は寝てくれていたように思いますが、ここ最近は添い乳で寝かしつけていた頃より、頻繁に起きて泣くようになりました。

昼寝も添い寝で寝かしつけていますが2時間しっかり寝ます。

どうしたらもっと深くぐっすり眠ってくれるようになるでしょうか。

欧米式の一人寝のネンネトレーニングの本は何冊か読んだことがありますが、共感できなかったので取り入れるつもりはありません。

何かアドバイスがあればよろしくお願いします。

ベストアンサーはこちら!

子供たちが小さい頃にやってみた作戦ですが、うまく行くといいのですが。

眠ったと思っても眠りが浅い場合があるので、眠ってからしばらくの間は隣で添い寝してみましょう。
これまでママが添い寝後にその場からいなくなって泣いた経験は、お子さんにしっかりインプットされているものと思われます。
「だまされないぞぉ~」とお子さんの脳はお子さんを目覚めさせます。
なので、添い寝後は目が覚めやすくなっているのでしょう。
大人でも、いつも同じ時間に起きてたりすると、それが癖になりませんか?
パターン化しちゃってるんだと思います。
思い切ってしばらくの間そのまま一緒に寝ちゃうのもテですね。
すっかりそれがパターン化したら、またママだけ起きるようにすればいいんです。
子供が小さい頃は家の中はめちゃくちゃです。洗い物もたまったままだし、洗濯物も取り込んだままだし、掃除機なんていつかけたっけ?そんなもんです。やらなくても死なないことは、やらなくて大丈夫ですよ。そのうちいつかは出来るようになるから。

添い寝のとき、お子さんのどこかを触ってますか?そうだとしたら、そこを離れるときにはその部分に「代わりのもの」を置いてみましょう。
あと、お子さんのそばを離れるとき、お子さんのすぐ横(ママが添い寝していた場所というかお子さんの顔のすぐ横あたり)にママの匂いのする服を置きましょう。ちなみに私は、より高い効果を狙って(?)ブラジャーを置いてみたことがあります(笑)。

壁を殴るときは力加減と場所を考えましょう。
私は空洞部分を蹴ってしまって見事な穴を開けたことがありますよ(笑)!
翌日義母が来ることになっていたのでかなり焦りました。

あと数年もしたら幼稚園です。夢にまで見た自由が手にはいります。
それから数年したら小学校。すっかり手がかからなくなります。
うちはもう二人とも小学生。暇です。ラクです。寂しいくらいに。
あっという間でしたよ。
ぴかぴかのランドセルを背負って楽しげにお友達と学校へ向かう背中に
「まって、そんなに急いで大きくならないで。そんなに慌てて遠くへ行かないで。」って思う日はきっとすぐに来ます。
毎日大変で、辛くて、小さかった子供との時間を楽しむ余裕が無かったあの頃。二度とあの頃のような濃い時間は戻ってこないことに気付きました。あっという間でした。
小さなカワイイお子さんとの甘く濃い時間、大切にしてください。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード