世の中は沢山のいいね!があふれてる。

イラン戦終了間際で乱闘…その後のイラン選手の対応が素晴らしい!

スポーツ選手ってかっこいい!!!
2019/01/29 UPDATE
 
8,846 views

先日、アジアカップ準決勝イラン戦で日本が勝利しましたが、試合終了間際の乱闘が話題となりました。

森保一監督率いる日本代表は28日のアジアカップ準決勝イラン戦で3-0と勝利し、2月1日の決勝へと駒を進めた。

 日本が3-0とリードして迎えた終了間際、相手のエースFWがMF柴崎岳(ヘタフェ)の顔面に張り手したのをきっかけに、両軍が入り乱れる乱闘騒動へと発展し、会場は一時騒然となった。

 試合は5試合ぶりに先発復帰したエースFW大迫勇也(ブレーメン)が圧倒的な輝きを放つ。後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のパスから頭で合わせて先制ゴールを奪うと、同22分にはPKから大迫が2ゴール目をマーク。さらにアディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がドリブルで抜け出してダメ押しの3点目を流し込んだ。

 そのまま試合終了かと思われたが、日本のペナルティーエリア手前で乱闘騒動が勃発した。日本ボールに笛が吹かれた直後、感情を高ぶらせた相手のエースFWサルダル・アズムンが腕を突き出し、柴崎の左ほほに張り手するような形となった。これを見たキャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)らが間に入りながらもアズムンに猛抗議。相手も一歩も引かずに好戦的態度を見せ、両軍の選手がぶつかり合う騒動となった。

 物々しい雰囲気に包まれたが、しばらく時間が経つと事態はようやく収まった。今大会、ここまで5試合で12得点無得点を誇っていたイランだが、日本戦ではノーゴールのうえに3失点という展開となり、エースFWの鬱憤が頂点に達したのだろう。


この乱闘を見て、モヤモヤした人も多かったのではないでしょうか。

しかし、その後長友佑都選手がイランの選手と合い、このようなやり取りがあったことを明かしました。

素直に謝罪できるイラン選手も、自分も悪かったと謝罪できる長友選手も素敵ですね。

選手たちの試合にかける情熱を改めて感じます!

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード