世の中は沢山のいいね!があふれてる。

Facebookから強制削除された子犬の画像。その理由に唖然!!

そんなことってあるんですね…!!
2018/07/25 UPDATE
 
442 views

Facebookから強制削除された子犬の画像。その理由に唖然!!

Facebookに一緒に暮らしている動物をアップする人も多いかと思います。


日々の写真をSNSに載せ、「大きくなったな~」と成長を感じるのも1つの楽しみですよね。


フィリピンに住むドミニクくんは大の動物好きです。


この日も、動物好きの人々が集まるFacebook上のグループで生後3日の子犬の写真投稿しました。


しかし、投稿した数分後にFacebookから利用規約にそぐわないとして、ブロックされたという通知を受け取ったそう。


この通知を受け取ったドミニクくんは不思議に思ったんだそうです。


新しく生まれた子犬を投稿しただけなのになんで子犬の写真の何がダメなのでしょう…?


ドミニクくんが投稿した犬の赤ちゃんはメキシカン・ヘアレス・ドックという非常に珍しい犬種なんだそうです。

メキシカン・ヘアレス・ドッグはアステカ帝国の成立前から存在していたと言われている、歴史のある犬。


確かに貫禄を感じる見た目ですね。


また、スペイン人が原産地メキシコを侵略した時、容赦なく食用にされたという悲しい歴史のある犬でもあり、現在は絶滅寸前の犬種でもあります。


メキシカン・ヘアレス・ドッグは生まれた時から無が生えていない状態なんだそうです・


赤ちゃんの頃はピンク色の肌をしているのですが、成長するとともに大人のような黒い色になっていくんだとか。


あまり日本では見ない犬種ですが、カッコいいですよね。


しかし、なぜ投稿した写真が強制削除されてしまったのでしょうか?


その理由に唖然としてしまいます。


ドミニク君が投稿した、写真がこちらです。

なるほど!!と思った方もいるのではないでしょうか?


見方によっては男性の『アレ』に見えないこともないですよね…


どうやら、Facebook側はこの写真が”アレ”に見えてしまったようで、結果、写真が削除されてしまったようです。


理由を知ったドミニクくんは


『僕から見ると息子スティックには見えないんだけどね、だってどうしても子犬に見えるから。
ブロックされたと通知がきたときは腹が立ったけど、今では笑い話だよ。』


とコメントしました。


変な用途でSNSを使用する輩もいると聞きますが、とんでもないとばっちりを受けてしまったドミニクくん。


可愛い愛犬の姿を仲間に見せられなくてさぞかし残念だったでしょうね。


この可愛いワンコが元気に成長し、Facebookに削除されない大人の姿を見せてくれる日が楽しみですね。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード