世の中は沢山のいいね!があふれてる。

天国に旅たつ寸前の男性とその愛犬の最後の別れに涙が止まらない・・・

2017/02/21 UPDATE
 
4,953 views

ある男性と愛犬とのお別れがネットで話題になっているので紹介します。

カリフォルニア州に住むライアン・イエッセンさんは突然、頭痛に襲われました。

彼は、ただの偏頭痛だと思いましたが、意識不明になり病院に救急搬送されました。

そして、彼は脳卒中を起こしていると診断されました。

残念ながら、ライアンさんの意識が戻ることはありませんでした。

11月30日、ライアンさんは脳死と判断され、生命維持装置が外されました。

往年33歳。

早すぎる死でした・・・

彼が息を引き取る前に、家族や友人たちは順番に最期のお別れをしました。

この時、病院は、異例な措置として、ライアンさんの愛犬にも来室許可を出しました。

そのときの光景が動画として記録し、フェイスブックに投稿しています。

Rideout Memorial Hospital did the sweetest thing for us and allowed us to bring my brother's dog in to "say goodbye" so...

Michelle Jessenさんの投稿 2016年12月1日

 
この動画をフェイスブックに投稿したライアンさんの家族は、このように書いています。



病院は私たちのために、とても素敵な計らいをしてくれました。

最期のお別れをするために、ライアンの愛犬のモリーを病室に連れて来ていいと私たちに許可をくれたのです。

モリーは、これで何故、ライアンがずっと家に戻って来なかったのか、理解することができました。

ライアンのことを知っている人なら、彼がどんなにモリーのことを愛していたかわかるでしょう。

彼は偏頭痛と思いましたが脳内出血でした・・・

たくさんの人たちがライアンのことを心配して下さり、応援してくださいました。

皆さんに感謝します・・・

モリーの事は心配しないでください。

私たち家族がモリーと一緒に暮らします。

・・・


ライアンさんの家族のフェイスブックによると、ライアンさんの心臓は臓器提供されたそうです。

ライアンの心臓は、クリスマスに誕生日を迎えるカリフォルニア州に住む17歳の少年が受け取りました。

ライアンを失ったことはとても悲しいことですが、きっと彼の心臓を受け取った少年とその家族たちにたくさんの幸福をもたらすことになると信じています。

ライアンが、自分の心臓がレシピエントの少年の役に立つことを知ることができたらと願うばかりです。



ライアンさんも最後にモリーと会えて幸せだったことでしょう。

天国でまた二人が出会えることの願います。





コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ