世の中は沢山のいいね!があふれてる。

ペットの生涯。大切なのは生きた時間の長さよりも・・・

2017/02/21 UPDATE
 
5,458 views


熊本市の獣医師徳田竜之介さんが、24時間診療の動物病院診察室から見える

現代のペットと人間の姿を書いた記事が話題となっているので紹介します。
 

【ペットの生涯は人間に比べてはるかに短い】


毎日、動物病院でどのくらい動物の死に直面するか、想像できますか?

来院数によって変わるでしょうが、人間の病院よりも死亡率は高いです。

動物は非常に危険な状況になってから来院することが多いからです。

飼い主が判断を誤るケースもなくはないですが、多くは動物の本能に関係しています。

動物は本能的に弱っている自分を見せません。

サバンナに生きる野生動物を想像してみてください。

力の弱い動物であればあるほど、弱っている自分を見せることが即、死につながると知っています。

ペットも同じ。

どんなに具合が悪くても、元気なふりをします。

それができなくなるほど弱ったとき、初めて飼い主が「元気がない」と認識します。

だから、病院に来たときには手遅れとなってしまいがちです。

先日も1匹の犬が逝きました。

外で飼われていた犬でまだ4歳。

飼い主のショックは大きく「最期をみとれなかった」と悔やんでいました。

でも、動物はいつか死にます。

それも突然、実にあっけなく。

「最期の1日」も大切ですが、一緒に過ごした「4年間」の方がもっと大切なはずです。

最期の1日を嘆くのではなく、飼い主と共に生きる時間が、ペットにとって最高の時間であってほしい。

私はそう願っています。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード