世の中は沢山のいいね!があふれてる。

お墓の前を離れようとしない猫。誰もが涙してしまうその理由とは

2017/02/21 UPDATE
 
8,581 views
  • インドネシアのジャワ島に住むのケリさんは、ある日お墓の前を通りかがった際、1匹の猫を見かけました。

    死を悼むかのように「ニャー」と鳴くその猫を、ケリさんは育てようと家に連れて帰りました。

    しかし、猫は翌日には飼い主のお墓の前に戻ってしまったのです。

  • 画像引用元:boredpanda.com
  •  

  • 何でも飼い主だったおばあさんが亡くなって以来、ずっとお墓の前で横たわっているというのです。

    以来、他の通行人も同じように連れて帰ろうとしたり、エサや水を与えようとしましたが、猫は何も欲しがらずただ横たわり、毎晩お墓の横で寝る日々…

    その猫がお墓の前を離れるのは、飼い主だったおばあさんの子どものところにエサをもらいに行く時だけ。

    おばあさんがこの世を去ってからもう1年が経ちますが、なお、お墓の横にひっそりと佇んでいるといいます。

  • 画像引用元:boredpanda.com
  •  

  • 「いつもお墓の横で寝ていて、悲しそうな声でニャーと鳴いているんです。」
    「見ていてとても心が痛くなります。動物にとって飼い主の存在というのはとても大きいということを本当に思い知らされます。」

  • と、ケリさんは語っています。

  • 画像引用元:boredpanda.com
  •  

  • 猫はクールというイメージがつきもの。

    しかし、動物の専門家によると実は飼い主が亡くなった際の悲しみをとても強く感じる生き物なんだそうです。

    中には不安や寂しさのあまり、あらゆるものの興味を失い、心が病んでしまう子もいるのだとか。

    あまりに症状が優れない場合は、獣医に相談の上抗不安薬を投与する場合もあるそうです。

    *************************

    飼い主のおばあさんの死を悼む姿が切なく心を打ちます。

    いつかこの悲しみを乗り越えて、優しい里親さんに家族として迎えられますように…


  • 出典元:boredpanda.com



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード