世の中は沢山のいいね!があふれてる。

森喜朗氏の『差別発言』に各国大使館が差別に対抗する投稿をあげ、話題に!←「ありがとう…」「心強い」の声

社会がより良くなりますようね。
2021/02/07 UPDATE
 
1,368 views

森喜朗氏の『差別発言』に各国大使館が差別に対抗する投稿をあげ、話題に!←「ありがとう…」「心強い」の声

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は3日、東京都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、日本ラグビー協会を例に出しながら「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。女性は優れており、競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言うと、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。それでみんなが発言される」と述べた。女性蔑視とも受け止められる発言で波紋を広げそうだ。

 JOCはスポーツ庁が定める競技団体の運営指針「ガバナンスコード」に沿って、女性理事を40%以上とする目標を掲げる。3日の議題にも上ったことから、会合の最後にあいさつに立った森氏が私見として言及した。森氏は「『女性を増やす場合は発言時間の規制を促しておかないとなかなか終わらないので困る』と(誰かが)言っておられた。誰が言ったとは言わないが」とも語った。

 一方で組織委の7人の女性理事にも言及し、「みなさんわきまえておられる。競技団体ご出身で、国際的に大きな場所を踏んでおられる方ばかり。話も的を射ており、役立っている」とも述べた。
出典: mainichi.jp

森会長は、翌4日には世間の抗議を受け、釈明会見を行い発言を謝罪・撤回しました。

しかし、森会長の発言に対し、現在も多くの人から批判の声が続出しています。

抗議の声は日本国内だけでなく、海外でもメディアで取り上げられ、

差別発言として非難する声が上がっています。

Twitterでは『#わきまえない女』や『#DontBeSilent(黙らないで)』というハッシュタグが話題となり

世界各国の大使館が『#DontBeSilent』『#男女平等』などのハッシュタグをつけ、

差別に対抗する声を上げています。


これをきっかけに、すべての人が1人の人間として尊重される社会に

変化していくといいですね。

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ