世の中は沢山のいいね!があふれてる。

家に置いていた大量のウズラの卵。朝起きるとピヨピヨ…と声が!!

2018/10/02 UPDATE
 
161 views

どこのスーパーにも、だいたい売られているウズラの卵。

そんなウズラの卵を温めると孵化するいう噂を聞いたことがありませんか?

子どもの頃は温めたらもしかしたら孵化するのでは…とドキドキしてしまいますが、今となっては
農場での産卵後、出荷されるまでに洗浄・選別・運搬・冷蔵されることを考えると、そんなハードな過程を経た卵が孵化するとは考えられにくいですよね。

しかし、そんな中Twitterユーザの、たかしさん(@taipanman7)が驚きの体験をしたことが話題となっています。

早速こちらの動画をご覧ください。

ある朝たかしさんが起きると何やらピヨピヨと鳴き声が...

声のする方へ行ってみると、なんとウズラの卵が暑さのせいか孵化していただそうです!!

生まれたてのウズラの赤ちゃん可愛いですね。

ひな鳥たちはその後、まとめて専門の飼育員に引き取ってもらい、残りの孵化しなかった卵も怖いのですべて持っていってもらったんだそうです。

こんなことってあるんですね…

ということは同じようにウズラの卵を常温で保管したら孵化することはありえるのでしょうか!?

実は実際にスーパーで売っているウズラの卵は無精卵なので孵ることは、間違って有精卵が紛れ込んでいない限りありえないんだそうです。

しかし、今回の場合は、ベトナム料理「ホビロン」を作るために大量のウズラの卵が用意されていたようで、こちらの「ホビロン」という料理は孵化する直前のウズラを使用した料理のため、たまたま孵化してしまったそうです。

孵化するには温度・湿度が一定であることや、転卵という卵を動かす必要も出てくるので、生まれたのはまさに奇跡ですね!!


食べられてたまるかーー!!!

と出てきてしまったのでしょうかw

ひな鳥たちには専門の業者さんの元ですくすくと育ってほしいですね!!




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード