世の中は沢山のいいね!があふれてる。

家にやって来た保護猫を1番喜んだのは同じ境遇の犬だった…

ある日家にやってきた保護猫。新しい家族を1番喜んだのは同じ境遇の犬でした。
2018/07/11 UPDATE
 
431 views
  • 家にやって来た保護猫を1番喜んだのは同じ境遇の犬だった…

  • 殺処分になる犬や猫の数は、ボランティア団体の活動のお蔭で年々減ってはいるようではありますが、やはり悲しい運命を辿っていく子も少なくはないのが現状です。


    Twitterユーザーでコピーライターや漫画家としても活躍している、蛇蔵(@nyorozo)さん。


    蛇蔵(@nyorozo)さんは愛犬の宮田さんと一緒に暮らしていましたが、ある日、一匹の保護猫を新しい家族に迎えました。


    実はこの子、道で倒れて動けなくなっていたところをある優しい男性が病院に連れてってくれたんだそうです。


    その後縁あって、蛇蔵(@nyorozo)さんの家にやって来たんだそうです。


    新しい家族が増えることに1番に喜んだのが、宮田さんだったそうです。



  • 嬉しそうに子猫を見守り、そばに寄り添う宮田さん。


    子猫も安心したようで、すやすやと眠っています。


    実は宮田さんも保護犬だったそうで、成犬になってから蛇蔵(@nyorozo)さんのお宅にやって来たんだそうです。


    保護されたということは何かしらの怖い目にあったのでしょう。


    『ここなら安心だよ』


    と子猫に語り掛けているようにも見えます。


    新しい家族が増えたのがよっぽど嬉しかった宮田さん。


    後日、蛇蔵(@nyorozo)さんからこのような微笑ましい写真が多数アップされました。



  • かなりの仲良しさんですね。


    子猫も家に慣れてきたのでしょうか、凄い寝相ですね(笑)


    一時は命が危ぶまれるほど危険な状態だったという子猫。


    その後、長生きするようにと名前が決定したようです。

  • 『白州』という名前に決まったようです。


    綺麗な瞳ですね!!!!


    宮田さんも白州ちゃんも、これからは蛇蔵(@nyorozo)さんのお家で元気に幸せになって欲しいですね。




    今回ご紹介した白州ちゃんは運よく、優しい飼い主さんに引き取られましたが、保護猫の中には人から一度も愛されることなく天に召されてしまう子も少なくはありません。


    無責任な行動をして、動物を苦しめる人がいなくなることを願います。



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード