世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”サイレントベビー”って知ってますか!? 赤ちゃんを”サイレントベビー”にしてしまう親の行動とは…

2017/02/21 UPDATE
 
54,237 views

それは赤ちゃんの声に関心を示さず、長時間赤ちゃんを放置している親が原因と言われています。

もちろん、お母さんはとても忙しいので、家事の合間に泣かれても直ぐに反応できないこともあります。

それは全く問題ないので、心配ありません。

この場合の「赤ちゃんの声に反応しない」とは、赤ちゃんがどんなに泣いても抱こうともしない、

また赤ちゃんが泣いたら「うるさい!」と怒鳴りつけ、時には暴力を振るうことがあるなど、

ネグレクト(育児放棄)また虐待の要素があるケースを示しています。

また、最近では、スマートフォンの普及から、赤ちゃんが泣いていても携帯の画面から顔をあげず、

片手間に赤ちゃんの相手をしている親が多いことも問題であると指摘されています。

要するに

赤ちゃんが「泣いても構って貰えない」「笑っても抱きしめて貰えない」と思ってしまうことで、徐々に表情をなくし、自分の感情を押し殺すため、サイレントベビーになる

と言われています。
 
 
それでは、サイレントベビーがそのまま成長したら、どうなってしまうのでしょうか?

サイレントベビーは、将来、うつや引きこもり、また自傷行為を起こす可能性が強いと言われています。

また、反対に「相手から好かれたい」と思う気持ちから、相手の感情ばかりを推し量ります。

自分の気持ちを伝えることが出来ない大人「アダルトチルドレン」になるとも言われています。
 
 
サイレントベビーは、泣かない・笑わないため、感情がないように見えます。

しかし、それは大人がそうさせてしまっているだけです。

心の中では常に「愛されたい」「抱きしめられたい」と思っています。

そのため、赤ちゃんに多く笑いかけ、赤ちゃんのことを抱きしめてあげるようにすれば、徐々にその症状は改善されると言われています。

サイレントベビーを作る原因は「愛情不足」です。

そう思ったときは、なるべく笑いかけ、抱きしめてあげるようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

昨今の育児環境は、核家族化の影響もあり、孤独であると言われています。

周囲に相談する人もおらず、たった一人で子育てをしている女性は、赤ちゃんとの関わり方が分からず、

ときには「ネグレクト(育児放棄)」「虐待」と呼ばれる行動に出てしまうこともあるでしょう。

しかし、本来、赤ちゃんとは望まれて生まれてくるべき存在であり、愛して大切に育ててあげない生き物です。

また、子育てとは、人と人が関わりあいながらみんなで助け合い行っていくものです。

もし「サイレントベビー」の可能性のあるお子さんを見かけたら、周囲が手助けし、子どもの心を救える世の中であって欲しいと願います。

子育てに悩むすべてのママの一助になれるといいですね。

出典: koarubiyori.jp




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード