世の中は沢山のいいね!があふれてる。

8,000kmを結ぶ絆…ブラジルの命の恩人に会うためにチリ沖からやってくるペンギン

2017/02/21 UPDATE
 
15,385 views
2011年、ブラジル・リオデジャネイロ沖の小さな島の海岸で、一羽のマゼランペンギンを発見したジョアオさん(71歳)。

油まみれで瀕死の状態だったそのペンギンに、ジョアオさんは「ジンジン」と名付けました。

画像引用元:boredpanda.com
 

体についた油を落とし、魚を与えて丁寧に介抱してあげました。

1週間後、ジョアオさんの介抱のおかげで一命を取りとめ、すっかり元気になったジンジン。

そんなジンジンを自然に帰そうと試みますが、ジンジンはジョアオさんの元を離れようとはしませんでした。

画像引用元:boredpanda.com
 

そのまま11ヶ月を一緒に過ごしたふたり。

しかし、羽が生え変わった直後にジンジンは突然姿を消してしまいました。

「無事、野生に帰っていったのだろう。」


ジョアオさんは、もう二度とジンジンに会うことはないだろうと思っていました。

しかし、それから2ヶ月が経ったある日…
 



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード