世の中は沢山のいいね!があふれてる。

あなたは知っていますか!? 『干支・十二支の由来』

2017/02/21 UPDATE
 
10,334 views
普段何気なく使っている干支。その由来についてまとめてみました。


干支・十二支の由来は、【十二支】が「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類で年・月・方角・時間を表し、【十干】が「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10区分で、等級区別に使われています。

【干支(えと)】とはこれら「十二支」と「十干」を組み合わせたもの。60を周期とする数詞であり、暦を始めとして、時間、方位などに用いらます。
 
 
≪干支の由来 縁起話≫


子【ねずみ】

すぐに子ねずみが増え成長することから、子孫繁栄の意味があります。
干支の特徴:行動力と財

丑【うし】

肉は大切な食料に、力は労働にと社会に密接に関わる干支です。
干支の特徴:粘り強さと誠実

寅【とら】

虎は毛皮の美しい模様から前身は夜空に輝く星と考えられました。
干支の特徴:決断力と才知

卯【うさぎ】

兎の穏やかな様子から家内安全、跳躍する姿から飛躍を表します。
干支の特徴:温厚で従順

竜【りゅう】

伝説の生き物・龍は瑞祥と言われ、古来中国では、権力者の象徴として、扱われました。
干支の特徴:正義感と信用

巳【へび】

執念深いと言われる蛇ですが恩も忘れず、助けてくれた人には、恩返しを行うと言われています。
干支の特徴:探究心と情熱

午【うま】

人との付き合いが古い動物。人の役に立ち、人間も馬を大事に扱いました。
干支の特徴:陽気で派手好き

未【ひつじ】

群れをなす羊は、家族の安泰を示し、いつまでも平和に暮らす事を意味しています。
干支の特徴:穏やかで人情に厚い

申【さる】

山の賢者で、山神の使いと信じられていました。信仰の対象としても、馴染み深い動物です。
干支の特徴:器用で臨機応変

酉【とり】

人に時を報せる動物。「とり」は“とりこむ”と言われ、商売などには縁起の良い干支でもあります。
干支の特徴:親切で世話好き

戌【いぬ】

社会性があり、忠実な動物。人との付き合いも古く親しみ深い動物。
干支の特徴:勤勉で努力家

亥【いのしし】

猪の肉は、万病を防ぐと言われ、無病息災の象徴とされています。
干支の特徴:勇気と冒険
 
 
2016年は申(サル)年です。申年はサルにかけて、色々なことが「去る」年ともいわれています。ひと昔前には「申年に赤パンツを履くと病や災いが去る」ということで、赤パンツが大ブームになりました。十二年に一度のことですので、赤パンツを履いて初詣に行くのもいいかもしれませんね^^

あなたにとって2016年が素晴らしい年になりますように(*^^)v



コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ