世の中は沢山のいいね!があふれてる。

生放送中に涙でコメントできなくなったフワちゃん→その理由に共感の声多数

人柄が出ていますね…
2020/10/09 UPDATE
 
11,308 views

生放送中に涙でコメントできなくなったフワちゃん→その理由に共感の声多数

東京・池袋で昨年4月に起きた暴走事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の初公判が8日午前、東京地裁(下津健司裁判長)で始まった。被告は罪状認否で遺族に謝罪した一方、「車に何らかの異常が起きて暴走したと思っている」と述べ、起訴事実を否認。無罪を主張した。

昨年4月19日昼、豊島区東池袋で乗用車を運転中、ブレーキとアクセルを踏み間違えて時速約96キロまで加速。青信号の横断歩道を自転車で渡っていた主婦の松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子りこちゃん(同3歳)をはねて死亡させたほか、通行人ら9人(同2歳~90歳)に重軽傷を負わせたとしている。

10月9日に放送された情報番組『グッとラック!』(TBS系)では、

一連のニュースについて報道されました。

そして、番組にコメンテーターとして出演していた

お笑いタレントでYouTuberのフワちゃんの振る舞いが

ネット上で話題となっています。

言葉を詰まらせてしまうフワちゃん

番組の冒頭は笑顔を見せ、いつもの威勢の良さで登場したフワちゃんだが、この事故について意見を問われると、目を泳がせ

「これは苦しいニュースで…苦しくなりますね」

と落ち着かない様子で述べ、下を向き、言葉に詰まってしまった。

番組出演者のアンミカが

「打ち合わせの時からうるうるしてたけどね、フワちゃん」

と気遣ってフォロー。これに黙って何度も頷き、目に涙をためて唇をかみしめた。

MCの国山ハセンアナウンサーから

「ご遺族のことを思うと言葉が出ないですよね」

と声を掛けられると

「そうですね」

と声を絞り出し、涙を流しながら

「思い込みとかあると思うんですけど。自分なりの主張とかいろいろあると思うんですけど」

と続けたが

「やっぱり人を殺してしまう…」

と言ったところで再度言葉に詰まってしまった。

ほほの涙をぬぐいながら

「本当にやりきれないですね。お2人のことを思うと」

とコメントを続けたが、亡くなった母子やご遺族のことを思うと涙は止まらず、

「ごめんなさい。もうちょっと整理して話します」

と苦しそうに下を向いた。

その後、気持ちを落ち着けてこのようにコメントしました

もちろん誰だって人のことを殺したくないから、「自分が殺したんじゃない」って思いたいのは分かるんだけど、その気持ちって自分のためのものであって。

今こんだけ長い間刑が出てないっていうのは、ずっと苦しいと思うんですよ、遺族のお父さんもそうですし、旦那さんもそうですし。

その方のためにも、一刻も早く「自分が罪を償う」っていう覚悟を決めて、もちろん「自分が事故を起こしてない」って思う気持ちも分かるけど、そこをもう、人のためにっていう気持ちに切り替えてほしいなと思います。

ネットの反応




コメント

2
  • 1. おやじ君
    (d03a39) 2020-10-09 19:28:51 [通報]
    このまま済ましちゃならねぇ‼️
    飯塚は車のせいにしてやがるが、それを運転してたのはてめぇだろ、と言ってやりたい
    0
    0
  • 2. まど
    (4a3f22) 2020-10-11 01:41:29 [通報]
    私も同じ歳の子供がいます。
    この子が明日いなくなるなんて考えられない。
    きっと同じ目に合えばこの旦那さんのように生きていく希望なんてなくなる。同じ親、親でなくても悲痛な胸の内は想像できます。許せないですよね。故意ではないとしても、然るべき罪を償うべき!!
    0
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ