世の中は沢山のいいね!があふれてる。

優勝賞金500万円のパズドラ大会で中学生が優勝する→しかし規定により全額没収に…

規定だから仕方ないと言われたらそこまでですが...
2019/09/16 UPDATE
 
464 views

優勝賞金500万円のパズドラ大会で中学生が優勝する→しかし規定により全額没収に…

9月14日、スマホ「パズドラレーダー」プロ選手の賞金制大会「ドラゴンブースト presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」が行なわれ、「パズドラ」のJeSU ジャパン・eスポーツ・Jrライセンスを持つゆわ選手が優勝した。優勝賞金は500万円だったが、Jrライセンスの規定により賞金の贈呈はない。

「パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」は、スマホアプリ「パズドラレーダー」プロ選手が出場する賞金制大会。総勢12名のプロ選手が参加し、この日決勝戦が行なわれた。

 「パズドラレーダー」の対戦は、1ターンがスキルの打ち合いとパズルで構成されており、ターンの最後に攻撃を打ち合ってお互いの体力を削っていく。スキル発動は、自分と相手のパズル盤面や操作時間、攻撃倍率などに作用するため、まず前段で有利不利を作りながら、最後のパズルでいかに打ち勝つかが見どころになる。

 さらに選択したスキルは交互に発動していくため、たとえば盤面を変えるスキルの前に、盤面をロックするスキルを出していれば攻撃を防げる。逆に、パズルの操作可能時間を極端に短くするなど、スキルの組合わせによってはどうやってもパズルで逆転できない状況に追い込むこともできる。つまり単なるパズル力だけでなく、キャラクターが持つスキルの知識、相手のデッキに合わせたスキル発動の駆け引きといった総合的な力が問われるのが、今の「パズドラ」のプロシーンというわけだ。

 その中で、窮地をパズル力で乗り越えていったのがゆわ選手だ。ゆわ選手は準決勝戦で、今年のプロ大会2連勝中という現時点での最強選手、あっき~選手と当たることとなるのだが、1-0で迎えた第2戦で見せたのがものの2秒でパズルを完成させた指技だ。

 試合は2先で決着するため、あと1敗したら敗退が決定するという場面、あっき~選手が操作時間を50%減少させるスキルを放つが、むしろ余裕でコンボを完成させ、さらに落ちコン(落ちてくるドロップによるコンボ)も相まって12コンボを達成。逆に、あっき~選手側には操作時間75%減少させるコンボを打ち込んでいて、きっちり逆転の芽も摘んでいた。

「ミスもあった」と振り返ったゆわ選手だったが、この神速パズル以降はむしろどんどん上り調子になり、駆け引きの面でもパズルの面でもあっき~選手を圧倒。決勝のスー☆選手も見事撃破し、優勝を飾った。

 優勝したゆわ選手について、ゲスト解説のなっち氏は「歳に関係なく、尊敬する。頭の回転数が違う」と驚きのコメントを残した。ガンホー 代表取締役社長CEO/エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏は、「ゆわ選手はプロになって初めての優勝だが、まだ中学生。末恐ろしい。今回は賞金は出せないが、高校生になったらバリバリもらえる。また頑張ってもらえれば」と締めくくった。

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード